スマホサイトに切り替える

トースト/投稿者:なの

image
おぇ〜な食事体験談投稿サイト「食中毒への道」へようこそ☆驚愕のレポート1901本が読み放題!
はじめにお読み下さい
おぇ〜ランキング
おまかせ表示
新着レポート
過去の体験談を投稿する
レポート検索
 
没投稿の墓場

農産品類
野菜

パン
農産加工品・果物
豆類
水産品類
魚・タコ・イカ
エビ・カニ・ウニ
カキ
その他貝
水産加工品・魚卵
畜産品類
牛肉
豚肉・鳥肉

乳製品
畜産加工品、他
調理食品
パスタ
麺類
鍋物、焼物
カレー
郷土料理、御当地メニュー
その他調理品
飲料類
茶・紅茶
コーヒー

ジュース
牛乳
乳飲料

その他飲料
菓子類
洋菓子、つまみ
和菓子
調味料
油脂、調味料類
添加物
ゴキブリ
アリ
ハエ
イモ虫・毛虫
カメ虫

その他虫
食品以外、他
ゲテモノ
薬品
煙草
無機物、毒物
雑談
癒し系、人情系
毒魚
ペットフード
ヒトから出た○○
その他おぇ〜投稿
特別投稿
G.P.S.

TOP>レポート別>投稿レポート1829


image No.1829  投稿者/なの   2022/06/25

  トースト

  大学生の時。夏休み中実家に帰り、非常にダラけた生活を送っていました。
朝(というか昼)母親に叩き起こされ、食卓に向かうとこんがり焼けたトーストが用意されていました。
優雅にトーストをパクリ。
なんか美味しくない。何となく香りが良くないのです。
「おかーさんなんかこのパンまずい…」
「ええ?さっき食べたけど何ともなかったよ」
そう言うので勘違いかな、と思いもう一口。
やっぱりなんか古びたような味でまずい。
更にもう一口。
雑巾の香りが口いっぱいに広がりペッペと捨て、余韻をコーヒーで流し込む。
すると、こんな会話が繰り広げられているのにパンをつまもうとしていた父の悲鳴が。
食パンにはうすピンクの斑点が。まるで現代アートのよう。
更に、さっきまでかじっていたトーストを裏返すとぼんやり浮かび上がる焦げ目に擬態した斑点。
暫くパンが食べられなくなり、それ以降は買って念入りに中身を確認し、冷凍するようになりました。
ちなみにこのパンは賞味期限以内でした。
おぇ〜ランキングに投票!
投票数

過去の体験談を投稿する

関連食材農産品類 > パン  
このレポートへの固定リンク


このページのTOPへ


TOP>レポート別>投稿レポート1829


1999-(C) ドンタコスとゆかいな仲間たち