年間おぇ〜ランキング2017 1位ー10位

2017年の年間ランキングです。

第1位 「○○○○」投稿No.22 投稿者/はっし〜

第2位 食べレバー、食べるときー、食べゴロー鳥レバー!投稿No.1692 投稿者/昔股間にケジラミちゃんを飼ってたジャイケル・マクソン

第3位 ミルクホール … 8年もの試食No.43 投稿者/N村

第4位 メロン 斬りたて投稿No.1779 投稿者/ポスト

第5位 コンビニのおにぎり … 賞味期限前投稿No.522 投稿者/ふぢ

第6位 牛乳 … 1週間もの試食No.11 投稿者/N村

第7位 イカメシ … 2年もの試食No.39 投稿者/N村

第8位 「バグナード」掲載レポート総評試食No.45 投稿者/N村

第9位 豆腐よう … 年数不明(開封後1年半)試食No.46 投稿者/N村

第10位 生牡蠣投稿No.1003 投稿者/おくぞう

11-2021-3031-4041-5051-6061-7071-8081-9091-100次へ

 

今年の第1位
投稿No.22  投稿者/はっし〜  2001/02/12

「○○○○」

それは、小学6年生の時でした。当時私が住んでいる場所というのが、川の前でした。不幸は始まりました。
その川には、「○○○○」が生息していました。念のため食用の「○○○○」ではありません。どぶ川に生息する真っ赤に鮮やかな「○○○○」です。
そのどぶ川で遊んでいた時の事です。誰かが「○○○○」ってうまいのかな?
と言い出しました。さすがに「○○○○」など誰も食べた事はありません。
じゃあ、「食べてみよう!!!」と言う事になったのです。
あ〜、不幸が近づいています。ひたひたと・・・
どぶ川だけあって生きのいい「○○○○」がわんさかといます。
その中の一匹を捕まえ、家にあった七輪で焼いて食う事になったのですが、そこは小学生です。誰も「○○○○」の料理方法なんて知りません。
とりあえず、「○○○○」を生きたまま七輪にのせました。
その「○○○○」に醤油をかけてパチパチと焼きました。
臭いは覚えていませんが、いやな光景は頭に刻み込まれています。
「そろそろ焼けたかな?」と、その「○○○○」をむきました。
「ペリペリ」「バリバリ」と音をたててむきました。
思い出すだけで気分が悪くなる。
いまでもこの光景は忘れられません。生々しい「○○○○」の身が現れました。ここでやめとけば・・・・よかったのに・・・
焼けた「○○○○」みんなで、食しました。
味は、泥臭く、醤油の味はしたけど、決してうまいものではありませんでした。
泥臭かった事で、気づけばよかったのですが、そこは小学生です、「○○○○」は洗っていませんでした。
たぶん寄生虫も一緒に焼いたのでしょう。焼いた事により寄生虫が死滅していたかは不明です。
歯ごたえも、なんとも言えぬ、ぬめりとしたものでした。
食した日は、問題はなかったんです。その日は、が。
翌日、「○○○○」を食べた自分を含む友人は全員学校を休みとなりその日を境に私は「海老」が食べられなくなってしまったのです。
あんなにうまかった「海老!!」が。
名古屋に住んでいるのに、「海老ふりゃ〜」が食べられない。悲しいものです。
トラウマとは恐ろしいもので、いまでも、「海老」を見ると気分が悪くなる事があり、困ったものです。
特に、マックの「シュリンプバーガー」、あれは、自分には「う○むし」にしか見えず、あのポスターのある時は近寄る事すらでけませんでした。
誰か、私を「海老」の食べられる体にして下さい。よろしくお願いします。
補足
えびぜんべいなどの、海老の味のする海老を加工してあるものは今でも大好きです。
「海老」が食えなくなった、この出来事は後悔するばかりです。
みなさん「ざりがに」は、洗ってから食べましょう!!

おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第2位
投稿No.1692  投稿者/昔股間にケジラミちゃんを飼ってたジャイケル・マクソン  2013/05/28

食べレバー、食べるときー、食べゴロー鳥レバー!

あれは思い起こせば遠い夏の日。まだ新婚だった兄夫婦がお盆にやってきた。夕食の時間が迫ってきていました。隣に兄嫁が座っていて、母が台所から「出来たわよー」って得意そうに食卓に置いたのは鳥レバーでした。とても醤油の香りがいい匂いでたまりません。実はその日までは好物でした。ビールも出されない内にひとつまみ。最高!大きい物をもう一つと箸で摘もうとした瞬間皿の底に何やらうごめくモノが!まるでそれは湧いて来るかのごとく数を増しうごめいています。鳥レバーは完全に火が通っていなかったようで、寄生していたハエの卵が丁度いい温度でかえってしまったようです。まさにうごめくものは「蛆(うじ)虫」だったんです。しかしこれだけの数の蛆虫を見たのは初めてでした。見た瞬間に食べた物が口に戻りギリでトイレにインしばらくは雪隠詰め状態。吐きすぎてお腹が苦しかったです。その日以来鳥レバーがわが家の食卓に昇る事はありません。

おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第3位
試食No.43  投稿者/N村  2001/10/21

ミルクホール … 8年もの

「バグナード」掲載レポート9

2001年10月、雑誌取材時に試食した試食レポートの第9弾です。

ミルクベースの缶コーヒーです。缶のままでは、中身の様子が確認できないのでグラスに開けてみました。
ミルクが分離したと思われる白いツブツブが表面に浮いていますが、まあそれくらいは当然予想していた事です。ひょっとしたら白い物体はカビかもしれませんが、その時はその時です。
さらに観察を続けると、コーヒーが緑色っぽくなっているのを発見。
しかも、緑が濃い部分と、そうでない部分とに分離しています。
ついでに、表面に膜を伴ったような泡があり、それはコーヒーというよりは沼のようです。
これを見せられてコーヒーと答えられる人がどれだけいるのか疑問に感じるほど、目の前にある液体はコーヒー離れした存在です。
でも、それを飲む人間がいるんだから、世の中は広いもんだ。
コーヒーもどきの味はといいますと、やけに水っぽいコーヒー。良く言えばスッキリしていて、悪く言えば味もそっけもない。特に腐ったような風味もなく、飲むだけなら何の問題もなさそうです。
とっておきのコーヒーだっただけにちょっと残念です。
危険度:レベルC+


おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第4位
投稿No.1779  投稿者/ポスト  2016/06/29

メロン 斬りたて

ご無沙汰しとりました。

数年前、俺が尻の青きガキだった頃。夏休み真っ只中でとても暑かったのを覚えています。

母と祖母、叔母は『涼しくなるモノを買ってくる』と言い、家を出ました。

そして、数十分経った後、大きな塊が入ったレジ袋を持って三人は帰って来ました。

ワクワクしながらビニールをどかしました。中には、大きなメロンが入ってました。

喉がサハラ砂漠状態の俺は大喜び。母はせっせとメロンを何等分かして皿に盛り、皆で集まって食べ始めました。この後の騒動などつゆ知らずに。

最初に異変に気づいたのは俺でした。
確かにメロンらしき甘味はするのですが、何だか薬品のような臭いがしたのです。

母は『やあね。これが本物の味なのよ。』と軽くあしらっていました。仕方なくメロンを飲み込みました。

食べ終わってしばらくは経ったのですがあの奇妙な臭いは取れません。

しばらくすると、母が『舌が痺れる』と訴え出しました。俺も頭がガンガンしだしました。

俺は幼いながらも『さっきの臭いメロンのせいだ』と直感しました。

祖母は電話でスーパーに苦情を言いました。

暫くすると店員がやって来て、ペコペコ謝ったあと何かくれました。

生まれて始めて本物のメロンを食べたのですが、楽しい雰囲気はとりあえずめちゃめちゃにされました。

因みにその後メロンがトラウマになり、まともにメロンを食べられたのはつい数ヶ月前です。

おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第5位
投稿No.522  投稿者/ふぢ  2004/02/21

コンビニのおにぎり … 賞味期限前

その日は朝から何も食べていなかった。
中国留学を2週間後に控え、多忙な日々を送っていた。
中国に行ったら少なくとも数年は戻らないつもりだ。
約11年勤めた会社も辞め、東京に借りていた部屋も引き払う。
東京に出てきて11年。いつの間にか部屋はモノで溢れており身動きが出来なくなっていた。
しかし、現実はまだ会社勤務は1週間残っており、まだ学生ビザも取れていなかった。


「本当に中国に行けるのか!?」

自分でも何度もそう思った。出来ることなら留学を1年先に延ばしたい気分だった。
しかし、もう後には戻れない。寝ないでやるしかない。
留学手続きに引っ越しと退職がからみ合い、問題を複雑にした。連日の徹夜で疲れ切っていた。

そんなとき、近所のミニストップで晩飯におにぎりを2つ買って食べた。
買ったのは「赤飯おにぎり」と「さけおむすび」だった。どちらも賞味期限内だった。
その頃、私は不要品を大量にオークションに出品しており、その発送作業で忙しかった。

おにぎりを食べてから30分後、強烈な吐き気が襲ってきた。
吐いてしまおうかと思ったが、少し我慢すれば収まると思った。
食べ物がもったいないという気持ちもあった。
横になると少し楽になるので、私は作業を中断し寝袋に潜り込んだ。(私はいつも寝袋で寝る)

しかし、3時間後。
思わず寝ゲロしそうになり、飛び起きてトイレに駆け込み吐いた。
吐いたら楽になったのでオークションの発送作業を再開した。
段ボールを切って商品にぴったりの箱を作り梱包する。
作業中におならがしたくなった。少しイヤな予感がしたが我慢出来そうもなかったのでゆっくり放出した。
にもかかわらず、実が出てしまった。下痢も始まったらしい。

「ちきしょー!この忙しいのに。」

でも、とりあえずこの商品だけは梱包を終えてしまいたい。全然作業が進まない焦りからそう思った。
15分ほどして、やっとその商品の梱包が終わった。その直後、またも強烈な吐き気が。
梱包を終えたばかりの商品にもどしそうになり、慌ててトイレに駆け込んだ。1度目と同じくらい吐いた。
今度は吐いても楽にならなかった。手先がしびれ、ひどく寒気がする。

倒れるように寝袋に潜り込む。寒い。体のふるえが止まらない。
吐き気と寒気で意識がもうろうとなる。

脳裏に数年前キャンプ用品店で寝袋を買ったときの様子が蘇った。
厳冬期用にするか、3シーズン(春夏秋)用にするかで迷っている。
厳冬期用は羽毛がたっぷり入っており暖かそうだ。しかし値段が高いので3シーズン用を買った。

「あー、あの時だ。あのとき厳冬期用を買っていればなぁ、あそこが運命の分かれ道だったのか・・・。」


脳裏の映像が別のものに変わった。
以前よく、はっし〜さんと行っていた永山の健康ランドのサウナの中だ。

「今サウナに入ったら何時間でも耐えられるな。あー、サウナ行きてぇなぁ・・・。」


また映像が別のものに変わった。
真夏の炎天下の車内に自分がいる。窓は全部閉め切っている。
どうやら我慢大会に参加しているらしい。
他の参加者は脱水症状になりながら脱落していくが私だけは涼しい顔をして笑みを浮かべている。

「あー、あったかそうだなぁ。やっぱ夏はいいなー、早く夏にならないかな・・・。」


寝袋の中で1人寒さに震えながら、ぐるぐるとわけのわからない思考を繰り返していた。
ケツについたウンコを拭くのも忘れて・・・。

おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第6位
試食No.11  投稿者/N村  1999/11/02

牛乳 … 1週間もの

基本中の基本である牛乳の登場です。
昨日、寝る前にのどが渇いており、冷蔵庫を覗くと牛乳が200mlばかり残っていたので、それを飲んで寝ることにしました。
品質保持期限を見ると1週間ほど経過しているようです。
普通の人はどうか知りませんが、N村は牛乳で1週間過ぎなんて当たり前で、2週間ぐらい過ぎていても、ちょっと悩みながら飲んでしまうのです。
そんなN村なので1週間なんてものは「ああ、1週間ね、まだ大丈夫だろ。」となんの疑いも持たずにグイグイと飲みほしました。
朝、起きると見事にお腹が下痢ぎみになっていました。
うーん、こいつは昨日の牛乳のせいだろうかと疑いながら、トイレに入りました。
トイレから出ると見事にお腹は復活、相変わらずの人間離れした回復能力には驚かされました。
しかし1週間ものの牛乳ごときに、N村の生活リズムを狂わされたのはショックです。
危険度:レベルB−

おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第7位
試食No.39  投稿者/N村  2001/10/21

イカメシ … 2年もの

「バグナード」掲載レポート5

2001年10月、雑誌取材時に試食した試食レポートの第5弾です。

お湯で温める真空パックのイカメシであります。
話によると温めている間になぜかお湯に色が着いたらしい。
こいつ、真空パックのフリして、実は真空パックじゃないとか。
封を開けるとイカと醤油を濃縮したような、これまたキツイ匂いがする。
でもまあ、あぶらみそに比べたら見た目は普通なので、平気だろう。
食べると、良く味がしみていて結構おいしいと感じるのだが、その裏に隠れてなにやら苦い味が存在しているぞ。これはひょっとして当たりかな?
濃い目の味が巧妙にカモフラージュされているが、米から夏場に常温で一晩置いたかのような風味が感じられる。まあ、腹いっぱい食べなければ問題はないだろう。
危険度:レベルB-


おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第8位
試食No.45  投稿者/N村  2001/10/21

「バグナード」掲載レポート総評

今回はナマ系が少なかったので、多少盛りあがりに欠ける結果になってしまったが、賞味期限切れの食品を一度にこれだけたくさん食べたのは初めてなので、いい経験になりました。
個人的には20年前のコーラを飲むことが出来て幸せです。
さて、独断と偏見で選ぶ今回の食中毒食材大賞は「あぶらみそ」です。
イカメシ、ミルクホールという強敵を倒して堂々の大賞です。
受賞の理由ですが、まず今回は腹痛になるほどの重いパンチを持った食材が参加していなかった為に、食中毒としてのレベルは比較的低くまとまっていました。
そこで、直中毒以外の面に視点を移すと、一番際立ったのが「あぶらみそ」の発揮した未体験の不味さです。一口食べて、あまりの衝撃にバカ笑いしてしまいましたからね。そして、帰りの電車の中で「あぶらみそ」のイヤ〜な感じが胃の中から何度もゾンビのように這いあがってきたのもポイント対象となりました。
では、第1回食中毒食材大賞を終わらせていただきます。

おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第9位
試食No.46  投稿者/N村  2004/05/11

豆腐よう … 年数不明(開封後1年半)

「食中毒への道」出版記念パーティとは名ばかりの、ただのバーベキュー大会で出版社の方から提供された品物です。
そもそも、「豆腐よう」とは何か知らないN村の前に出されたのは、ビンに入ったトマトソースもどきの赤い液体で、正体不明の白い小片が混ざっている、いかにも食中毒ネタな一品である。
印象としては、頭のネジが数十本飛んだ科学者が実験動物にでも与えそうなもので、正気の人間が口にするようには思えません。
豆腐ようとは、沖縄の珍味で泡盛と唐辛子の液体につけ込んだ、チーズのような物体で、爪楊枝で少しずつ削りながら食べるのが一般的であり、一口でパクリ!と食べようものなら、同席の輩から非難を浴びる等々の基礎知識を出版社の方からレクチャーされて、いよいよ豆腐ようとの一騎打ちが始まりました。
開封後、お決まりの儀式として匂いを嗅ぎますが、ヤバげな赤い色に対して、ほどんど無臭。
ビンの中に箸をそろ〜り入れると、白っぽい1センチ半から2センチ角ぐらいの固形物が出てきました。箸で挟んだらボロボロと崩れるものかと思いきや、結構丈夫なようです。
1つ皿にとって箸を離そうとすると、わずかですが糸をひいています。流石は発酵食品、納豆も糸をひくわけだし、こんなもんだろうと思いきや、出版社の方が「俺が沖縄で食べた時は、絶対
に糸はひかなかった。」と断言しました。
しかし、糸をひいたぐらいでビビッていては、この業界やっていけません。
豆腐ようの角を箸で少し削り取って、食べてみました。う〜む、これは・・・・・、周囲のみんなが感想を期待しているのだが、何と言えばいいのか、味がしません。
ごく少量でしたが一口目で無害であると判断したN村は、さっきよりも大きめに取って、パクリ。
よく分からないがチーズみたいな感じがする。
続けてパクリ、うん泡盛かどうかは分からないがお酒っぽい。
さらにパクリ、なんだかヨーグルトみたいにちょっと酸っぱい。
無言でパクリ、なんか味噌のような感じもするな、大豆仲間だからそれもありか。
パク、パクリ、濃厚だが、マイルドでいける。
最初は抵抗があったものの、数口食べ続けていると、やめられない止まらない状態。
うん、こいつはイケる。毎日食べたいかどうかは疑問だが、食べ始めたらクセになるぞ。
こりゃ、本当に旨いわ。しかし困ったな、これじゃ食中毒には何の関係もない、たんなる
豆腐ようの試食レポートだぞ。でも旨いから許す。
調子にのってパクパクと食べていると、今度は本格的に糸を引きやがった。最初のとは
違い今度はビヨ〜〜ンと長いぞ。ちょっと感動!それを見たギャラリーからは悲鳴が上がりました。
しかし、一番近くにいたN村には見えていたのです、その正体が細長いビニールである事を。
なぜにビニールが混入していたかは疑問です。

バーベキュー大会も無事に終わって、みんなと分かれて電車に揺られていた頃、突然腸内にマイナーアラームが発生しました。アラーム種別は間違いようがありません、下痢です。
現在位置から自宅まで約1時間かかります。幸いにもアラームレベルがマイナーなので1時間ぐらいは楽勝で持ちます。無理せずに駅のトイレに入るという手もあるのですが、そこは食中毒マニアとしてのプライドがあるので、簡単にトイレに入る訳にはいきません。
分からない人達の為に説明すると、手近な駅のトイレに入るという事は、N村の胃腸が負けた事を意味します。たかがか豆腐ようごときに、負けるなど絶対に許されないのです。
自身の肉体を信じてトイレには寄らずに帰ってのですが、せっかくの休みだからといってブラブラと寄り道してしまうのが、N村らしいところ。途中何度かピンチを乗り越えながらも、結局家に帰り着いたのは3時間後でした。
ちなみに今回の下痢は、働き過ぎの睡眠不足から原因であるとも考えられ、豆腐ようが原因の可能性は非常に低いです。

豆腐ようが旨かったので、危険度レベル:C−

おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
今年の第10位
投稿No.1003  投稿者/おくぞう  2006/03/18

生牡蠣

あれは去年の暮れのことでした。

ひさしぶりに実家に戻ってきた
私たち姉妹に母はうれしさのあまり酢牡蠣を振舞ってくれたのです。

しかも大晦日と元旦の2日連続で!
異変は元旦の夜に起きました。
まず妹が吐き始め、仕方ないヤツだなと思っていたら自分も気分が
悪くなってきました。

実家は極寒なのです(夏の日中でも涼しい)そんな厳しい条件の下
トイレで嘔吐と下痢ピーの繰り返し!!部屋に戻ってもすぐ行きたくなる!
妹は0時ごろに吐き気がおさまり就寝。しかし私はなぜかますますヒートアップ!
それから3時間は吐き続け吐くものが無くなったと言うのにしゃっくりの
ごとく黄色い胃液がクチから・・・あんまり吐きすぎて胃液の中に血液が
混じりだした

 「もうダメかも・・」 

今までさまざまな食中毒に慣れ親しんできておりいつもなら我慢するのだが
今回は我慢できませんでした。さすが生牡蠣、威力抜群だね。

母を午前三時にたたき起こし病院に直行。
洗面器に吐きながら点滴してもらいました。下痢も収まらず、トイレに行くのも
辛いので赤ちゃんの時以来つけていなかったオムツを看護婦さんにつけてもらいました。
それぐらい自分にかまっていられなかった・・・

そんな自分の顔を鏡で見たら顔面真っ白で唇だけ赤く幽霊のようでした。
点滴後ようやく症状がおさまり自宅に帰ったのですが2日は寝込んでました
もう牡蠣は食べませんよ、嘔吐の威力が他の食あたりと比較にならんぐらい
すさまじいですから。
生は危険です!!

おぇ〜ランキングに投票!
2017年の投票数
この投稿につぶやく...
11-2021-3031-4041-5051-6061-7071-8081-9091-100次へ
※当サイトの注意点※ 決して真似しないで下さい。また、参考にもしないで下さい。このサイトを読んでも役に立つことはありません。暇つぶしにどうぞ。