スマフォサイトに切り替える

オレンジジュース...搾りたて 悶絶編/投稿者:★晴美☆


おぇ〜な食事体験談投稿サイト「食中毒への道」へようこそ☆驚愕のレポート1873本が読み放題!
はじめにお読み下さい
今週のおぇ〜ランキング
先週のおぇ〜ランキング
年間おぇ〜ランキング2016
おまかせ表示
新着レポート
過去の体験談を投稿する
レポート検索
 
没投稿の墓場

農産品類
野菜

パン
農産加工品・果物
豆類
水産品類
魚・タコ・イカ
エビ・カニ・ウニ
カキ
その他貝
水産加工品・魚卵
畜産品類
牛肉
豚肉・鳥肉

乳製品
畜産加工品、他
調理食品
パスタ
麺類
鍋物、焼物
カレー
郷土料理、御当地メニュー
その他調理品
飲料類
茶・紅茶
コーヒー

ジュース
牛乳
乳飲料

その他飲料
菓子類
洋菓子、つまみ
和菓子
調味料
油脂、調味料類
添加物
ゴキブリ
アリ
ハエ
イモ虫・毛虫
カメ虫

その他虫
食品以外、他
ゲテモノ
薬品
煙草
無機物、毒物
雑談
癒し系、人情系
毒魚
ペットフード
ヒトから出た○○
その他おぇ〜投稿
特別投稿
G.P.S.

TOP>レポート別>投稿レポート1585


 No.1585  投稿者/★晴美☆   2011/07/06

  オレンジジュース...搾りたて 悶絶編

  この話はオレンジジュース...搾りたて 終わりの始まり編の続きです。

こうして強制的に飲まされた私は次の日、酷い下痢にやられました。できれば飲食は避けたいけど、気温が40度もある真夏のトルコでさすがにそれは無理なので、下痢が酷くなることを覚悟して飲食しました。

そしてその次の日、帰りの飛行機の中で事件は起きました。

その事件が起こる前、シートベルトサインがつきました。同時に私に強烈な便意が襲いました。そこで私はまだつたない英語でCAに泣きつきました。

私「お腹を壊しています。今すぐにでもトイレに行きたいんです。お願いですから行かせてください。」
CA「お客様、申し訳ございませんが我慢して頂けますでしょうか?」
私「もし私が漏らしたら座席とか床まで汚す上に異臭を放つ可能性だってあるんですよ?あなたはそれでも行かせないと言うのですか?」
CA「そのような際には私達が処理致しますので、事故を防止するために大変申し訳ございませんが今一度我慢お願い致します。」

こうして我慢せざるを得なくなってしまいました。そして機体が揺れ、私のケツ筋は限界に達し、ついに漏れ出してしまいました。幸い下着だけ汚しただけで済みました。隣の席の外国人男性は私が放った異臭に眉間にシワを寄せていました。きっと彼はこの世界のどこかで私の惨劇を話していることでしょう。

皮肉にもその5分後にシートベルトサインが消えました。そして私と乗客達は異臭の中機内食を頂きました。

まもなく私達を乗せた飛行機は経由地のドバイに到着しました。

そして、日本までの10時間という時を経て日本に到着しました。しかし私の顔色は最悪でした。健康相談所に連行されることを恐れて、笑顔を一生懸命作りました。

こうして何とか家に辿りつきました。もちろん母には責任をとってもらって、下着を洗わせました。

さて長くなったので、終息編に持ち越します。どうぞこの話にお付き合いください。

twitterでつぶやこう!
おぇ〜ランキングに投票!
2016年の投票数

過去の体験談を投稿する

関連食材飲料類 > ジュース  
このレポートへの固定リンク


このページのTOPへ
 食中毒への道は、RaspberryPiのWebサーバが提供しております。

戻る

TOP>レポート別>投稿レポート1585


1999-(C) ドンタコスとゆかいな仲間たち