はっし〜


第158話 麻痺治療始まる
(激痛度レベルなし)

の日々が続いていたが、時間と共に、みが徐々にではあるが


無くなってきているのが実感できるようになってきた。


そして、みが気にならなくなって来た時、それは始まった。








麻痺をした足の治療だった。


全く動かなくなった足、この足を治さなければ、普通の生活に戻れない。


気は焦るが、焦ってもしょうがない、でも、焦る。


足が動かないから、まぁ、しょうが無いのだが・・・





先生がやって来た。


「はっし〜さん、足の治療始めましょう


ようやく始まる、麻痺の治療。


いったい何をやるんだろう?


しばらくして、先生は、なにやら、それなりに大きい機械を病室に持ち込んできた。


なんじゃこりゃ。


「はっし〜さん、この機械を使って足に電気を流しますね」


電気?


なんじゃそりゃ。


「足に低周波を流しますね」


この時、低周波とはどういうものなのか、何も知らなかった。


知らなかったんです。


どんな事になるかなんて。


この装置には電極が2つ付いており、その電極の1つをふくらはぎへ貼り


もう一つの電極を足の甲に貼り付けた。


そして、数分後、悲鳴が上がった・・・





【戻る】 【前へ】 【次へ】