はっし〜


第157話 その後
(激痛度レベルなし)

お通じが終わったことを看護婦に伝えると、しばらくして看護婦がやってきました。


看護婦は、オムツを片づけティッシュでお尻を拭いてくれます。


汚くても、笑顔を絶やさず、お尻を拭いてくれます。


正直恥ずかしい時なんですが、看護婦には感謝いっぱいの気持でした。


ん〜


でも、恥ずかしさの方が上だったかな。


なんせ、自分と同年代の看護婦にお尻を拭かれるのはやはり、感謝はしていても


恥ずかしいものでした。(当時23歳のはっし〜でした)








その後


座薬のお世話になる事はありませんでした。


お通じは、便秘になる事も無く毎日、することが出来たのです。


しかし・・・・・


この座薬体験、数年後再体験する事になるとは、この時は想像すらできませんでした。


しかも、今回以上の恥ずかしさを伴って・・・


そのお話は、また別の機会に・・・





正直、今回のお話は結構汚いお話だと思います。


ヘルニアの体験談ではほとんど出てきません。


なんせ、こんな話は、恥ずかしく誰にも話せないと思います。


でも、術後にはこんな苦労もある事を知って欲しかったので、


あえてお話を致しました。





【戻る】 【前へ】 【次へ】