はっし〜


第159話 流れ出した電流
(ビックリ度レベルA)

「はっし〜さん、今から電気流すから」


はい。


低周波の電源が入れられた。


そして、電気の強さを示す、ダイアルを回し始めると


電気の強さを示す針の数値が徐々に大きく振れだした。


そして、電気が流れ始め・・・・・








えーーと、あれ?


何も感じないぞ。


低周波って、こんなもんか。


針がピクピクと動いているんだけど・・・


へー−−ー何も感じないんだ。








しかし、先生の表情は違っていた。


不思議そうな顔をして首をかしげている。


「おかしいな〜」


なに?


なんか言いました先生。


首をかしげながら、さらに、ダイアルを回す先生。


「はっし〜さん、何か感じますか?」


?


何、何?


何か感じるはずなの?


でも、何も感じない為、先生には、なにも感じませんと答える。


麻痺のせいなのかな?


良くは分からないが、ホントに何も感じない。


そして、ダイアルを回す先生、針も跳ね上がっていく。


おい、ホントに大丈夫なのか?


そんなに針が上がっていっても?


針は大きく振れだしてきている。


そして、まだ不思議がる先生がいた。


「おかしいな〜」


と言った時でした。


電極が貼られていた足の角度が変化したのです。








そして、その瞬間の出来事でした。


ビクゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ


ビクゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ



突然、電気の力で動き出した右足。


う、うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ


ストップ


ストップ


止めてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ






【戻る】 【前へ】 【次へ】