はっし〜


第6話 暇とブロックと尾てい骨
(激痛度レベルA-)

さて、さて、また明くる日、先生がやってまいりました。





「今日も検査がなくて、暇だね〜」





といやな言葉が。


気づいたら、何故か横向きにさせられていました。


なんで仰向きでないの?


と、心のなかで先生に問いかけました。





祈りを込めて。





その祈りは通じず


背中でなく尾てい骨をアルコール消毒しているではないですか。


まさか





さすがに尾てい骨から注射はしないよな。





と、楽観的に考えていたのですが








プス





と尾てい骨に麻酔の針が・・・


手を思いっきり握り、我慢している自分がそこにいました。





てーーーーーぞ





背中に打たれる注射と甲乙つけがたくいぞ。


そしたら、また、入ってくる


今度は、足のなかまで水が入ってくるではありませんか。


通常の生活では考えられないこの感覚、なかなか、癖になりません。


この後、ブロックはいやになるほど、うたれました。


もういやだ・・・・





【戻る】 【前へ】 【次へ】