はっし〜


第5話 そして激痛治療が始まった
(激痛度レベルA-)

入院して検査日程が決められるわけですが


検査がくるまではやることがないのです。


で、いきなり先生がやってきて。





「どうせ暇だから、ブロックでもやってみようか?」





と、おっしゃるではないですか。





ブロック?





何?


と思うまもなく、うつぶせにさせられたのです。








何すんの?


と考える間もなく、背中に麻酔を





ブス、チュウ





ん・・・


てーーーーーー


めちゃくちゃてーーじゃねーか。





我慢をしていたら、今度はばかでかい注射器をとりだし


麻酔を刺した場所にまた





ブス、チュウーーーーーチューーーーー





?


今度はくない。


まぁ、麻酔が効いているのだろう。








しか〜〜し、なんか入ってくる





いっぱい、入ってくる。






背中からいっぱいいっぱい何かが入ってくる。


ジュルジュルと





気持ちわりーーーーーーーー





いかにも背中から水を入れられている気分。


めったに体験できません。


こんな体験二度としたくないものです。


ちなみに入れられた、ものは、生理食塩水と説明を受けました。





【戻る】 【前へ】 【次へ】