はっし〜


第88話 自己血輸血 1回目
(激痛度レベルなし)

自己血の日がやってきて、自分の血を抜くため、献血センタ-のような場所に連れて行かれたのです。


過去に献血をした事があるのですが


やはり400mlの献血は初めてだったのでちょいとばかし緊張を感じていました。


そして、心の中では、久しぶりの献血だな〜と考えていたのですが


献血の針を見た瞬間です。


血を抜く針ってこんなに太かったっけ????


なんか太いぞ


針の穴が見えるんだけど


そう・・・・


でも、へたな看護婦が行う採血よりは、くなくやっぱり、慣れているんだなと、関心してしまいました。


血を抜くのはいたって普通の献血と同じで、400mlの血を抜くため200mlの献血より時間がかかる程度でした。


血を抜かれ貧血気味になってしまったのでしばらく、体を寝かせたままにし、休んでから病室に帰りました。


しかし、入院中にいったいどれだけの針が体に刺さっているんだろう・・・





【戻る】 【前へ】 【次へ】