はっし〜


第87話 自己血輸血 はじまり
(激痛度レベルなし)

手術の時、思わぬ出血が予想される為、輸血が必要となる場合があります。


こんな時は普通、他人の血を使うのですが、担当医の勧めもあり私の場合は自分の血を使う事にしました。


自分の血を使う事により肝炎(B型、C型)やアレルギ-反応などの副作用が起こらないとの説明を受けたからでした。


この自分の血を自分の手術の為に使う事を自己血輸血と呼びます。


自分の手術の為に蓄える血の量は800mlだったのですが


いきなり800mlの血を抜かれる訳ではありません。


400mlを2回に分けて1週間に1回のペ-スで貯血を行います。


私は今までに何度か献血をした事があるのですが


いつも200mlの献血だったので今回が初めて400mlの血を抜かれる事になったのです。


200mlの献血でもよく貧血を起こした事があるので、ちょっと心配でもありました。


そして、自分の血を貯めておく為に貯血をする日がやってきました。





【戻る】 【前へ】 【次へ】