はっし〜


第50話 最悪の検査 説明と驚愕
(憂鬱度レベル最悪)

私の入院生活でこれ程いやな検査は存在しませんでした。


他の検査や治療はくても我慢ができない訳ではありません。


他の検査はい時間がだいたい決まっているからです。


でも、この検査は時間というものが決まっていないのです。


先生からこの検査の説明を受けました。


「この検査はいよ」


「背中から針を刺し神経を冒している場所を探し、そこから薬を入れるから」


それはもしかしてかなりいのじゃないのか。


かんべんしてほしいと思ったが


拒否できるはずもなく検査室に向かったのです。





【戻る】 【前へ】 【次へ】