はっし〜


第1話 そいつは突然やってきた
(激痛度レベルC)

ヘルニアになるきっかけは、なにかしら理由があるものです。


ただ、それが本当にヘルニアになるのかは


自分自身もよく分かりませんでした。


そのきっかけは、会社のソフトボール大会で起こりました。


ソフトボールは大好きなので


自分の打順が回ってくるたびに


バットをクルクル振り回していました。


その時でした。








あれ?


なんか腰が重いな〜


ま、いっかと


そのままソフトボールを続けていました。





しかし・・・


しばらくするとなんか腰がいぞ。


ちょっと待て、かなりいぞ。


おい、こらどうする。





い、てーーーぞ。





ソフトボールどころでは無いぞ


歩けない、ちょ、ちょっと待て


ホントに歩くのが辛いぞ。


途中どうしようもなくなり


ソフトボールを棄権してしばらく様子を見てみることになったのです。





【戻る】 【次へ】