はっし〜


第2話 地獄への入り口
(激痛度レベルC)

しばらく様子を見ていたのですが


どうやら腰のみが引く様子が無い。


どうしたものか?


結局みが引かないので


その後のソフトボールは行えるはずもなく家路についたのです。


その後腰がかったのですが、腰をだましだまし仕事を続けました。


これが良くなかった。


ホントに良くなかった。





いときは会社に何を言われようが休むべきでした。





気づいた時には、腰のみより足が


歩くたびに、電気が走るかのごとく


が走っていたのです。


本当に歩くのも辛い状況となっていました。


慌てて、病院に駆け込みました。


そして私のがりようを見た先生が一言


「すぐ入院の手続きをしてくださいね」


この日から1週間後に入院となりました。





そして


これからの入院生活で数々のと出会う事になるのです。


なってしまったのです。





【戻る】 【前へ】 【次へ】