Part15
○感激やっと立てた





5月6日、朝、いつものように看護婦さんが清拭してくれたのち


パンツをはかせてくれました。


術後、ずっとT字帯だったので少し人間に戻ってきたような気がしました。





昼前、やっとバルーンをはずす事になり、看護婦さんが





「ほんの一瞬だからがまんしてね」





と言った瞬間





あっという間にはずされました。


すごくかった。


ひりひりする感じ。


入れるときは麻酔がきいていて、さっぱりわからなかったけど


きっと入れる時もいんだろうなあ。


とにかく私は、管から開放され自由の身


昼前にコルセットが届き、看護婦さんにつけてもらい立ってみました。


立てる


しかし、体がものすごく重く長くは立っていられません。


先生が回診に来られ


「2週間も寝たきりやってんから、足の筋力が相当落ちてるわ。どんどん歩く練習して」


とおっしゃいます。


よし


これから練習に励むぞー





【戻る】 【次へ】