はっし〜


第82話 新人先生いらっしゃぁ〜い(注)こなくていいです。
(恐怖度レベルA加速中)

再び始まった最悪の検査。


それに輪をかけている状況、なんで、新人先生が針をもってるの。


お願いだから担当医と変わってくれ、ほんと頼む。


この検査はいんだから・・・


しかもこの検査は細心の注意を払わないと神経を傷つけるのでは、とついつい考えてしまいます。


と、考えている間も背中の中で針がはいずり回っている。


目の前にレントゲンがあるので見ようとしなくても、気になって見てしまう。


新人だけあって、なかなか神経を冒しているヘルニアの箇所が見つけられません。


その都度、的はずれな神経を触り悲鳴をあげることになるのです。


そこじゃない


そのみはいつもと違うぅぅぅ---


「じゃあ、はっし〜さん、ここは?」


そこも違う、こっちも違う。


永遠とも思えるこの検査、早く、早く見つけて欲しい・・・


そんな中、担当医と新人先生の間で信じがたい会話が交わされました。


もういや。





【戻る】 【前へ】 【次へ】