はっし〜


第66話 転院決定
(激痛度レベルなし)

気が狂いそうになりながら、手術を決意したのですが


突然先生から


「はっし〜さん、実はこの病院でははっし〜さんのヘルニアを手術する為の設備が整っていないので」


「別の病院に転院してもらう事になりますから、転院の手続きをして下さいね」


「あとで紹介状を渡すから」


私の入院していた病院は結構古かった為、別の病院に移れる事を喜びました。


この時は・・・そうこの時は


でも、どうやって転院するのだろう??


こんなに腰や足がくては自分で行くことはできないぞ?


もしかして救急車で連れてってくれるのかな?


と甘い考えでいました。


が、やっぱり甘かった、結局自力で転院する事となりました。(涙)





【戻る】 【前へ】 【次へ】