はっし〜


第63話 最悪の検査 もうどうでも良かった・・・
(激痛度レベルもう許して)

ほんとにもうどうでも良かった。


あまりのさに気が狂いそうになり手術でもなんでもしてくれ


状態となっていました。


手術は怖いけど、もうそんなことに、かまっていられません。


今、ここで起きているみ。


そうこの検査を中止できるのであれば、もう何でも良かった。


早くこの検査を終わらせたい。


もうこの治療を行いたくない、早く早く終わらせたかった。


2●年間生きてきてこれほどいやな事はなかった。


それくらいもういやだった・・・・


そして








「はっし〜さん、とりあえずお薬だけ入れておくね」


と結局悪い箇所が見つからなかったのですが、折角背中に針が刺さっている事だし、


もしかしたらと言うことでとりあえず薬だけは注入されました。





【戻る】 【前へ】 【次へ】