はっし〜


第57話 最悪の検査 走る電気
(激痛度レベルA)

かれこれ検査が始まって、1時間程がたとうとしていました。


私の体力はもう限界となっており、これ以上続けると気が狂いそうになっていました。


針が神経に触れる度に体を襲う


です。


でも、ヘルニアに冒された場所の特定が出来ていない為、検査が終わりそうな気配がみえません。


そんな時でした。


「はっし〜さん、ここはどうかな?」


神経に触れた時です。


まるで、電気が走るように、いつもと同じみが足に走ったのです。


先生、同じです。


同じみです。


やっと見つかった、嬉しかった、これで検査が終わる。


これで、この検査から解放される。


そして、見つかった神経の場所に直接薬を注入し治療が終わったのです。


そして・・・





【戻る】 【前へ】 【次へ】