はっし〜


第55話 最悪の検査 終わり無き検査
(激痛度レベルなし)

冒された神経を探す目安として


針が神経に触れた時に普段と同じみがするそうです。


その為、普段と同じみがするまで探しまくります。


これが地獄の始まりなのです。


同じみがでるまで、神経を触る、って事は


同じみがでなければ、いつまでたっても終わらない事を意味します。


いままでの検査では必ずいつ終わるか分かっています。


この為、みに対してもなんとか我慢ができるのです。


もう少しあと少しと我慢すれば終わってくれるのだと。


でも、この検査だけはいつ終わるのか分かりません。


いつまで我慢して良いのか分からないのです。


これは体験してみないと分かりませんが、苦です。


本当に苦でした。


そして、針が脊髄をはい回ります。





【戻る】 【前へ】 【次へ】