はっし〜


第54話 最悪の検査 神経
(激痛度レベル最悪っす)

を握りしめを食いしばり


みがいつ来てもよいように備えます。


「はっし〜さん、ここはいかな?」


針が神経に向かって来ました。


レントゲンを見ると長細い針のようなものが蠢いています。


その時です。


い、てーーーーーー


「はっし〜さんどんなみがしますか?」


と聞かれ。


い、いだけです


と答えると。


「じゃあここの神経は問題ない見たいだね、次の神経触るから覚悟してね。」


当然の事ですが神経には麻酔はかかっていません。


当然いです。


かなりいです。


死ぬほどいです。





想像してみて下さい


例えば歯の神経をむき出しにして


麻酔をかけず触るようなものです。


この検査は冒されている神経を探すため


神経には麻酔をかける事ができません。


よって、かなりい検査なんです。





【戻る】 【前へ】 【次へ】