はっし〜


第47話 造影MRI チクチクチクチクチクチクチクチクチク
(激痛度レベルC+)

仰向きに寝ていると、先生が足首の消毒を始めたのです。 そうです。


造影剤は足首から入れる事が判明したのです。 まぁ先生はベテランなので造影剤の注射くらい


すぐにみも伴わず終わるだろうと思っていました。


甘い考えと分かるまで数分・・・


先生は造影剤の注射を持つなり


「注射するのへたなんだよね〜」


おい


針が足首に刺さりました。


でも造影剤は入ってこないです。


しつこいようですが、入ってこないのです。


「おかしいな〜、もっかい刺すね」


お〜〜い、かんべんしてくれ。


プス


それでも造影剤は入ってきません。


「おかしいな、もっかいやり直すよ」


何度足首に針を刺したことでしょう。


刺すたびに当然の事ながらい。


チクチクと針の刺さるみ。


途中からどうにでもしてくれ状態です。


何度か刺すうちにようやく造影剤が入り、その後はいつものMRIと同じ検査でした。





【戻る】 【前へ】 【次へ】