はっし〜


第42話 看護婦 睡眠薬をくれ〜
(怒り度レベルA)

入院生活で辛いものの一つに睡眠があります。


何故か?


簡単ですあまりのさに簡単には寝ることが出来ないのです。


私の入院中の寝る手段はもう睡眠薬に頼るしかありませんでした。


本当ならあまり飲んではいけないと思いますが、仕方がありませんでした。


睡眠薬はやはり飲み出すと、もう睡眠薬が無ければ寝られなくなるからです。


そんなある日の事です、いつもの様に看護婦から睡眠薬を貰おうとしました。


しかし、その看護婦は


「睡眠薬なんて無くても寝られるでしょ


この時はさすがの私も、看護婦に怒ってしまいました。


怒っても、その看護婦は動せず


「先生から許可の連絡が来てないので出せません」


と絶対に睡眠薬を出してくれませんでした。


そして、辛くて長い長い夜を迎えました。


(注)実は睡眠薬の許可は先生からでており


その連絡が看護婦まで伝わってなかった事があとで分かりました。


でも、もうちょっと患者の事も考えて欲しいと思う出来事でした。





【戻る】 【前へ】 【次へ】