はっし〜


第41話 看護婦 採血その4
(激痛度レベルC-)

一週間がたち、また採血の朝がやってきました。


今日は誰が来るかな来るのかなと、待っていたら


例の手首から採血した看護婦がやってきました。


「はっし〜さん、採血ですが、また手首からしていいですか?」


いやじゃ〜、絶対にいや


「しょうがないですね、じゃあ今日は、手の甲からしますね」


なんでそんなマイナーな所から採血するんじゃ〜


どうやら私の腕は血管が浮き出てないので


どうしても血管のでやすい場所から採血をしたいみたいです。


まぁ、手の甲はまだ注射した事がないので


断る理由もなく、承諾してしまいました。


注射のみは、個人的見解となりますが、手の甲はあまりくはありませんでした。


でももっと注射の練習をして欲しいな〜





【戻る】 【前へ】 【次へ】