はっし〜


第40話 看護婦 採血その3
(激痛度レベルB-)

また採血の下手な看護婦のお話です。


今度は自分が下手だと自覚していました。


「はっし〜さんお願いがあるんです」


なんだろう??


「腕に注射する自信がないので、手首から採血していいですか?」


「いいですよね」


「いいですよね


は、はい。


手首?


そんなところから注射した事がないぞ、ま、いっか


「じゃあ、ちょっとチクっとしますね。」


と手首に針が刺さった瞬間、思ったよりい、いぞ、てーぞ。


私はこれを最後に今後手首への注射は一切お断りしました。





【戻る】 【前へ】 【次へ】