はっし〜


第38話 看護婦 採血その1
(激痛度レベルC-)

朝目が醒めるとそこに看護婦が立ってました。


朝っぱらからなにをしているのだろうと、寝ぼけていたら、採血の時間でした。


朝の6時です。かなり眠いです。


でも採血は待ってくれません。


「手を出して」


と看護婦が言うので、しぶしぶ寝ぼけながら手を出し


採血してもらったのですが


採血中に寝てしまったおかげでみもなく終わってしまいました。


寝ぼけた患者を相手にする看護婦って立派なものだと感じました。


が・・・


その一時間後、またやってきました。


しかも慌てている


手には何故か採血セット。


ん?


採血は朝終わったはずなんだけど・・・


いきなり採血をしようとしています。


そこで看護婦が


「血が足りなかったのよ、腕だして


長い入院生活で血が足りないと言われたの初めてでした。





【戻る】 【前へ】 【次へ】