はっし〜


第202話 リハビリ 見えてきた希望
(激痛度レベルなし)




理学療法士によって、足の筋力を戻す治療が施されていきます。


足を持ち上げられて、気持ちだけでも足に力を入れるように言われます。


気持ちを込めて、脳から足に向かって「動け」と言ってもびくともしません。


でも、ここで諦めたら、もう治らなくなってしまうのではと思い、動かなくても


気持ちだけは、常に動いてくれと、願ってやみませんでした。


そして、リハビリが続けられて数日たった時の事です。


足が、足が、ほんのちょっとだけ動いたのです。





うれしかった。





ちょっとだけ動いただけなのに、これがどれだけ嬉しかったのかは言いようがありません。


動いた事で、かすかではあるけど、希望が見えたからです。


この先、どこまで動くようになるかは分からなかったけど、ほんの少しでも動いた。


この事で、諦めずにリハビリを続ければ、動くことが分かったからです。


これからなんだと、諦めなければ、まだ動くんだと・・・





【戻る】 【次へ】