はっし〜


第17話 点滴バケツ事件

その日私は点滴による恐怖の体験をしました。


朝起きると毎日行っている点滴の時間がやってきました。


その時の点滴の担当看護婦は古株で


患者仲間からは恐れられている看護婦でした。


普通点滴をする時は


点滴の管の中に溜まっている空気を抜いてから針を刺すのですが





何故かその時は空気を抜かずにいきなり針を刺したのです。





えっ


なに?


なんで?


空気が入ってきても良いの??


徐々に空気の層が降りてきます。


そこは点滴です。





ゆっくりと


空気が血管に向かって降りてきます。






私は恐怖を感じました。


たまらずナースコールで看護婦を呼び空気が血管の中に入りそうな事を告げると


古株の看護婦が一言





「バケツいっぱいの空気が入っても


死にはしないよ






と告げられそのまま空気は血管の中に入っていきました。


血管の中に空気が入っても問題がないのか?


未だに私には信じられない出来事でした。





【戻る】 【前へ】 【次へ】