はっし〜


第156話 熱いおなか
(激痛度レベルなし)

座薬を入れられてから、数分ののち、体に変調が現れた。


ん?


なんだろ?


なんだーーーー


おなかの辺りが、熱くなってきたぞ。


最初は、ちょっとした違和感だった。


しかし、徐々に徐々に、熱くなってくる。





熱い


おなかが熱い


熱いぞ






かつてない、妙な感覚。





これが座薬の威力なのか?


すごい


腸にたまっているものが、溶かされていく感覚だ。


熱くなってから、しばらくたった時。


で、出ちまう





しかし、さっき看護婦から


「我慢して下さいね」


と言われていたのを思い出した


が、これを我慢しろって言うのか?


無理だぞ


とりあえず、気合いを入れて、限界まで我慢する事にしてみた。


が・・・・








我慢できねーーーーーーーーーーーー





あっけなく、出ちゃいました。


しかし、あれだけ、苦しんでまったくお通じは、出なかったのに


座薬を入れただけで、いとも簡単にでるとは思わなかった。


そして


お通じが終わると、お腹の張りも無くなり、すっきりとした気分となったのです。





【戻る】 【前へ】 【次へ】