はっし〜


第153話 待つこと数十分
(激痛度レベルなし)

おむつを敷いてもらった事で、いつでも、来いの状態となる事ができた。


これで、少しでもお腹がくなれば、お通じをするだけだ。


出来れば、他の患者が検査や、休憩所に行っている時に


お通じが出来れば良いのですが、なかなか、そんな訳にはいきません。


おむつを敷いた状態で、時間が過ぎていった・・・・・











そして、待つこと数十分、やっとお通じがしたい気分となってきた。


お通じがしたいからといって、そのままする訳にはいきません。


自分のベットの周りには、他の患者がいる為です。





慌てて、自分のベットの周りにあるカーテンを、手元にある長い棒を使い、閉めます。


突然カーテンを閉めるので、これから私が


何をするのかは、同じ部屋にいる患者にはバレバレです。


当たり前ですが、自分の隣に人がいる状態で、


お通じをする経験なんてこれが人生で初めてなので


少しばかり緊張が走った。





さてカーテンも閉まり、準備が出来たところで、自然に出るのを待つ。





待つ。











待つ。











待つ。











出ない・・・・・・・(泣)





【戻る】 【前へ】 【次へ】