はっし〜


第150話 白と黄色のタオル
(清潔度レベルマイナスA)

最初は、気づかなかったんです。


もっと早く気づくべきでした・・・











朝起きると清拭を行う為のタオルを看護婦より渡されました。


白いタオルと黄色いタオルです。


最初、なんで色の違うものを渡されたのかが分からなかったんです。


なにも気にせず、黄色いタオルで顔を気持ちよく拭いていました。


タオルは温かく気持ちが良かったんです。


しかし・・・


「は、はっし〜さん、それ・・・・」





?





「下(しも)用ですよ」





え?





突然告げられた、言葉。


頭の中で、こだまする。


「それ、下用ですよ」





「それ、下用ですよ」





「それ、下用ですよ」





「それ、下用ですよ」





「それ、下用ですよ」





「それ、下用ですよ」





「それ、下用ですよ」





実は、黄色いタオルは、下用のタオルだったんです。


看護婦からは、色の違いなんて教えて貰っていませんでした。


でも、自分でも気づくべきだったんです。


2種類のタオルを渡された時点で。





ん?、でも、まてよ・・・・


ちょっと考えました。


え〜〜と。


自分と同じで、勘違いして拭いている人は他にもいるのではないか?


こう考えると、結局どっちで拭いても、一緒じゃないか。


まぁ、気にしないことにしよう。


今度からは、黄色いタオルには気をつける事にしたのでした。





【戻る】 【前へ】 【次へ】