はっし〜


第147話 突然の腹痛 我慢
(激痛度レベルB+)

この湯たんぽをお腹に乗せて、お腹を暖める事にした。


しかし、重い・・・


でも


この重さ、この暖かさのおかげで、ちょっとだけ


みの気を紛らす事ができる。


でも、みは無くならない。


やっぱりい。


すんげーーーい。


なんで、背中とお腹の両方からみに苦しめなければならないんだろう。


ただでさえ、背中の傷のみを堪えているのに。


この夜は、なかなか寝ることが出来なかった。


寝返りをしたかった。


でも出来ない辛さ。


体の自由が利かない辛さ。


ここまで、体を動かせない事が出来ない辛さを今まで味わった事が無かった。


体は硬直状態のごとく真っ直ぐ正面を向いている。


どうする事もできず、真っ直ぐ向けて我慢するしかなかった。


朝を迎えるまで、みが引くまでひたすら


ひたすら


我慢をし続けました。





【戻る】 【前へ】 【次へ】