はっし〜


第146話 突然の腹痛 お願い
(激痛度レベルB+)

ナースコールで看護婦を呼んだ。


「はっし〜さん、どうしました?」


頭の近くにあるスピーカから看護婦の声がした。


お、お腹がいんですけど。


と、力の無い声で答える。


「今すぐ、行きますね」


看護婦が駆けつけてきた。


「お通じではないですよね」


はい。


みはどういった感じですか?」


お腹全体がキリキリく、差し込むようなみです。





ここで、看護婦にダメもとでお願いをしてみた。


すいません、出来れば、寝返りをする事はできませんか?


そうすれば、お腹のみの気を紛らわす事ができるんですが・・・


「はっし〜さん、それは無理なんです。先生の許可が無いとできないんですよ」


やっぱり・・・


かなり辛いんですけど。


ダメですか?



「ダメです


う〜、お腹を押さえて丸くなりたい。


いいから、丸くなりたい。


気を紛らわす為に、お腹を押さえてのたうち回りたい。


普段なら、そうしているのに。


でも、許してくれない。


「ん〜、とりあえずお腹を暖めてみますか」





看護婦は湯たんぽを持ってきてくれた。





【戻る】 【前へ】 【次へ】