はっし〜


第144話 来客への思い
(激痛度レベルなし)

術後2目はまだ、が続いていました。


耐え難く辛いのです。


みを我慢するので精一杯でした。





そんな中、見舞い客が来たのは辛かったのです。


普段であれば、見舞いに来てくれるのは、うれしいし


心配をしてもらえるのも、ありがたいです。


しかし、そうは思っていても、手術直後だけは違いました。


自分の足が動かない姿を見られるのも、なさけなく嫌でした。





それにの中、こんなにも、しゃべる事が辛いとも思いませんでしたし


こんな感情を持つとは思っていませんでした。


早く帰ってほしいと・・・


この友人には、この時の気持ちは知らないし


帰って欲しいなんて言えませんでした。


後から思えば、感謝すらしています。


心配して見舞いに来てくれたのですから。





【戻る】 【前へ】 【次へ】