はっし〜


第14話 耐えて耐える
(激痛度レベルA+)

ふと気づくと、意識がもうろうとしている自分がいる。


このみから解放される日はやってくるのだろうか。


今日もみ止めの点滴をうつ。


もう腕は点滴の針を刺す場所がなくなりつつある。


腕に刺すところがなくなると


今度は手首や手の甲に刺される事がある。


普段ならいがそんなみなどもうどうでも良くなっていた。


足のみと戦っていた。


一日が長く感じる。


寝ている間だけが安らげる。


でも昼は寝られない理由がある。


昼間寝てしまうと、夜が辛いのである。


夜寝られなくなると朝が来るのが本当に長い


話相手もいないのでさを耐えるだけとなってしまう。


昼間はくても寝ないように努力をしなければならない。


耐えて耐える日々が続いていた。





【戻る】 【前へ】 【次へ】