はっし〜


第12話 ・・・そして入院
(激痛度レベルA+)

私は喜んでいました。


当然でした。


治ったのですから。


入院してから一ヶ月間の入院生活は





みとの戦い





暇との戦い





看護婦との戦い






いろいろな戦いがありました。


そんな戦いともしばしのお別れ、少し寂しいと感じたものでした。





いらぬ悲しみに気づくまで





あと2日・・・








一時退院した私は喜び勇み自宅へ急行


懐かしい


なにもかもが懐かしい。


初日は自宅でのんびりと過ごすことにしました。


病院では寝てばかりの日々、動き回れる自分が嬉しかった。


そして一日が過ぎていきました。





いらぬ悲しみに気づくまで





あと1日・・・








翌日は折角元気になったのですから職場に行き


皆にもうすぐ退院が決まりそうだと報告をしにいったのです。


突然の入院のおかげで職場には迷惑のかけてしまっており


その挨拶をかねての訪問でした。


そして外泊予定が終わり、病院に戻り


疲れた体を癒す様にベットで眠りに就いたのです。





私は喜びのあまり、無理をしたのでしょう。


朝起きると、外泊前よりみが非道くなっていたのです。


最初は


何故?


どうして?





信じたくなかったのですが、いものはい。


みの為、動けなくなってしまったのです。


そうです。


歩くことさえ困難になっていたのです。





【戻る】 【前へ】 【次へ】