はっし〜


第10話 注射をしてくれ〜〜
(激痛度レベルA)

ヘルニアによる症状がひどくなってくると足にみがでてきますが





このみは並大抵のみではありません。





牽引によりみに一層拍車がかかってしまい


単なるみ止めの薬のみでは


我慢ができなくなる程のみが襲ってきたのです。


常に腰や足がい。





この尋常でないみ、もう我慢の限界を突破していました。





そこで登場したのが、筋肉注射によるみ止めでした。


筋肉注射をうつと





スーーーーーーーーー








みが引いていきます。


でも、注射をしてしばらくしてヤクが切れてくると・・・


やっぱりい我慢ができない。


頼むから


注射してくれ〜


と言っても





「この注射は1日3回が限度です」





と断られてしまう。


そう朝/昼/晩の3回しか注射をしてもらえないのです。


気が狂いそうになるのを押さえながら


次の注射を待つ


この繰り返しとなったのです。


それからというもの筋肉注射を打ちすぎたのでしょうか


肩にしこりがあるかのごとく堅くなっていました。


それでも筋肉注射のない生活が考えられなくなる程


みがひどくなっていったのです。





【戻る】 【前へ】 【次へ】