はっし〜


第3話 病院への旅立ち
(激痛度レベルA-)

入院の宣告を受け


病院までいくわけですがその病院へ行く道のりの長いこと


足がいおかげでなかなか歩けません。





一歩歩く毎にが襲ってくるのです。





時折あまりので座り込んでしまう事もありました。


周りの目なんて


こんなときは関係ありません。


もう大変です。


みを分かりやすく言えば





歯がい時のみが足にきている様なものです。





そのみが、歩く度に襲ってくるのです。


この神経のみは実際に味わってみないと分からないと思います。


この時点での症状は





座っていても





立っていても





みがあり唯一寝ている状態の時のみがみのない状態でした。


ただ、寝た状態になってしまったら、


立ち上がるのに30分程を必要となってしまいます。


一度寝た状態となったら


生理現象(トイレ)が現れるまでは一切動きたくなくなります。


立ち上がる時に起こるはしゃれになりませんでした。


そしてやっとのことで、病院にたどり着きました。





【戻る】 【前へ】 【次へ】