Part20(完結)
○退院そして現在





5月15日、朝、早く起き洗面、着替えを済ませ帰る用意をしました。


4月22日から、1ケ月近くの入院がやっと終わりです。


迎えに来た主人と一緒に婦長さん、看護婦さん、看護師さんにあいさつし


ちょうど主治医の先生が回診にまわっていたので、お礼を言うことができました。


ほんとうは、みなさんに大変お世話になったので


もう少し丁寧にお礼を言いたかったのですが


だんだん感傷的になってきたので、手短に済ませ申し訳なかったと思います。


今回、私をたまたま担当することになった


先生でなければ手術は受けなかったかもしれません。


先生を信頼して本当に良かったと思います。


家に帰っても6月2日の通院までは


自転車に乗る、重い荷物を持つ、運動する事はできません。


うちは布団なので、初めのうちは起きるのがしんどかった。


日を追うごとに、腰は楽になったのですが


左太もものみと小指のしびれは今でも残っています。


しばらく続いた微熱もおさまり、夜もよく眠れるようになりました。


6月2日、通院し診察を受け、足を上げたり、腰を押したりしたところ


特に何も問題ないそうです。


小指のしびれが少し気になるので


メチコバールという薬〈ビタミンB12)をいただきました。


他に服薬はありません。


ただ、ヘルパーという職業柄


大事をとって今月末までは休んだ方がよいとのことです。


7月から、職場に復帰する予定です。


今はもう自転車に乗ったり、普通と変らない生活をしています。








最後までお読み下さり、ありがとうございました。


運悪くヘルニアを発症された方の参考になれば、幸いです。





【戻る】