Part6
○激痛恐怖の神経根ブロック注射





今度は、うつ伏せになり、パジャマのズボンを下げられ


(ほんと情けない格好ですね)


腰に何度も針を刺されました。


先生はモニターを見ながら





「足にびりびり来たら教えて」





とおっしゃいます。


針を刺されいのですが、びりっとはきません。


それでも私がいと





わめき





鼻水


よだれ






が全部出ていたので、先生が看護婦さんに


「ガーゼあげて」


と言い、私はガーゼを口にあてました。


針を刺され続け1度足先までびりっときて、確か左足があがったと思います。


本当にびりびりと音まで聞こえた気がしてわたしは





「ぎゃー


もういややー


足動かしてもいい?」









みで呼吸が短くなり、はあはあしながら聞きました。


先生は


「ここやってんなよっしゃどんなにわめいてもいいけど、絶対足動かしたらあかん


ともう一度針を刺すと再びびりびりきました。


先生が「


よっしゃ。終わった。い思いしただけのことはあると思うで。命中したから」


と言いながら、私の腰の部分のモニターを見ながら説明してくれました。





私には何がなんだかよくわかりません。


再び4人がかりでベッドに戻され、頭を30度ほど上げた状態で病室に戻ってきました。


しばらく


して先生の説明を聞いた主人が戻ってきて


「よくがんばったて先生がほめてたよ。うまくいったみたいやね」


とうれしそうに言うので少しほっとしました。


ブロック注射は10人中7人くらいの人には効果があると聞いたので


私もきいたのかなとだんだん気分も晴れてきました。


その後


心配していたミエロの影響(頭、熱、吐き気など)は全くなく


とても空腹で夕食のラ−メンをすごい勢いで食べたので主人がびっくりしていました。


この様子だったら、明日の朝、みは取れてるなあと思い


安心して寝る事にしました。


【戻る】 【次へ】