ちひろの激痛物語 第31話
決断





私の左足のは、入院してから3週間、ひどくなる一方で全然よくなりませんでした。


岩城滉一似の主治医が手術するか?の一言に、迷わず ハイと返事をしている自分がいました。


は限界まできていたんですね。


それからいろんな検査が始まりました。


肺活力や、細かいレントゲン血液検査などなど。


手術日がどんどん近づき緊張も増していきました。


そんな私を癒してくれたのは、大好きな阪神タイガース


あの弱いタイガースが勝ちまくってたんです。


テレビの前で毎日応援しました。





そして絶対に私も自分に負けないと誓いました。





【戻る】 【次へ】