ちひろの激痛物語 第15話
戦闘開始





その病院は、家から車で30分位。


ヘルニアになってから


日に日にくなる私の左足…


お母さんに車を運転してもらって病院へ…





助手席に座っててもい。


シートを倒してもい。


汗ダクダクでした。






受付を済ませ


に耐えながら青ざめて待つこと2時間がたったころ…


[始まりました]


レントゲンのお兄さんに


『ちひろさま〜』


と呼んでいただきました。


なんでこんなにレントゲン取るだけで待つの〜


足を引きづり、個室に入り、着替えてレントゲンの台へ。





仰向けや





横向き





横向きで弓のようにそったり





海老みたく丸くなったり





6枚位写したと思います。






[う〜 助けて〜]


健康な時は全然くないはずのレントゲン…。


座ってても横になっても、左足がかったので


レントゲンのお兄さんに、体をグイグイ動かされ





い』





の繰り返しでしたぁ〜。


助けて〜 助けて〜と心の中で叫ぶ私でした。





しかし、そんなのは始まりでした。





【戻る】 【次へ】