全話表示モード


《はじめにぃ〜



"ヘルニア"って


腰がいだけ〜って思ってました


そう、


自分が"ヘルニア"になり、足のみを感じるまでは…


この未知との遭遇で不安のまっただ中、


情報をゲットしたくて辿り着いたのが


病棟】


運命の出逢いって感じ〜


シングルママみかの…


涙あり


爆笑あり


もっちろんあり〜





"尿管結石"+"ヘルニア"闘病記"


【爆みか物語】


はノンフィクションであり、登場人物の全ては実在しま〜す


なお、


文章の中に


《みか語》


と呼ばれる独特の表現がありますが、


ニュアンスでご理解いただきまして、


お気に入ってもらえちゃったら多いに日常会話でご使用くださぁい


それでは…


いよいよっ…


はじまり♪はじまり〜♪




お見事階段落ち1


恥ずかしさレベル


★★★☆☆


レベル


★★☆☆☆





短いお盆休み明け〜


さぁ


気合い入れて仕事に出発〜


おっと〜今日は燃えるゴミの日だった





ゴミ袋を片手にスーツ姿の超カッコつけ女みかは


コツコツヒールを鳴らして階段を下りて行った♪


息子と仲良く二人で暮らす誰が名付けたか〜みか御殿は2階なのだ〜


らららぁ〜♪


今日も朝から暑いなっと思った瞬間…


あぁ〜れぇぇぇぇぇ〜


まるでコマ送り状態で、ズルズルっとうつ伏せで体がぁぁぁぁぁ〜


なんと


階段から落っこった。


何秒か自分に何が起きたのか〜わからんちんで


階段下のアスファルトにうつ伏せで寝ていた。


しっかりと左手にゴミ袋を持ったまま…





どこをどうしたかわかんないけど


でも、何か笑える…


その時、やっとハッとして回りを見渡す〜


幸い誰にも見られてなかった様子。


ホッとするのも束の間の喜び〜


おろしたてのストッキングは無惨にも電線してます





大穴開きまくり〜





やっちまったぜ〜


あちこち傷だらけ流血トホホ状態で階段を上がって行った。


もちろんゴミ袋を持ったまま…







しみる消毒液


レベル


★☆☆☆☆





1歩1歩踏みしめながら、みか御殿に到着。


まずは破れたストッキングを脱ぐ〜


傷に触れてかなりい。


だが、いのになぜか笑える…


怪我をしたのは、腕3ケ所と左足の膝。


左足の膝が特にひどく血が止まらない。


出かけたばかりのママが帰ってきて、息子もびっくり


「どうしたの?」


階段から落ちちゃった〜


「アホか…」


息子は呆れ顔で消毒薬を持ってきて


「ほれ」


うおっ





しみるぅ〜


ちょちょちょ待った〜



「我慢しろ〜」


はい…


どっちが親だか…


消毒をしてから気づいた〜


スカート破れてるぅ〜


しかも、あちこちい。


左の骨盤に肩も打っていた。


顔に怪我がなかったのは良かった。


スーツを着替え、とてもストッキングをはける状態じゃないので靴下をはき、


靴はローファーにして再度出発〜


今度は落ちないようにっ、手すりを握り一段ずつ慎重に


ゴミもちゃんと捨てたし、愛車に乗り込み、


血が止まらない左膝にティッシュを当て、エンジンぶるるんっ〜


あっ


会社に連絡しなきゃっ。


傷の手当や着替えで、すっかり出遅れてしまった。


休み明け早々の遅刻だぁ〜







視線は釘付けっ


恥ずかしさレベル


★★★★★





もしもし、みかです。


おはようございます。


「おはようさん。どうした〜?」


朝の電話は遅刻か休みと相場が決まってる。


階段から落ちちゃって…


「いつやったんだ〜」


今です今っ。落ちたてです。


「落ちたてって…大丈夫なんか〜?」


はぁ〜


何とか〜


ちょっと怪我しちゃって、手当したりして遅くなっちゃったので、すみません。


「気をつけろよ〜」


はぁい。








大手企業は、まだ盆休みなのだろう。


朝の渋滞も大した事なく会社到着


おはようございま〜す。


遅れて申し訳ありませ〜ん。


「おぅ大丈夫か?」


「怪我ないのか?」


部長が近づいた瞬間…


「おい薬箱〜薬箱持ってこ〜いっ」


事務所内の視線がみかの足に集中〜


まだ流血が…


でら恥ずかしい…


派遣の女の子があたふたと置き薬の入った箱を持ってきたが…


「部長〜湿布と絆創膏しかないです」


「医者だ医者行け〜」


午前中アポがあるんで…


部長、平気ですから〜


いより、恥ずかしい…


こういう時は笑ってごまかす


早く出かける用意して、この場から逃げたいばっかりのみかであった〜







話のネタ


レベル


★★☆☆☆





さっさと出かける用意をして、営業車に乗り出発〜


打撲部分は時間が経つ毎にくなってる気分…


みかは食品関係のメーカーで営業をしている。


お客はスーパーと問屋。


その日はスーパーへ次の日曜に企画したイベントの打ち合わせ。


おはようございま〜す


スーパーでは芸能界のように、挨拶はなぜか


『おはようございます』


が多い。


担当者のチーフを発見し、打ち合わせをする。


スーパーで働く人々は忙しい。


ほとんどが立ち話。


打ち合わせを終えて…


今度の日曜お願いしますね〜


そう言って帰ろうとしたら…


「ねぇねぇ〜、その足どうしたの?」


がびちょぉ〜ん


流血は収まってるけど、見事な傷は誰でもわかるよねっ〜


もう恥ずかしいもヘチマもないさっ


ネタにしてやれぇ〜





かなりやけくそ♪


階段から落ちました〜


それから笑いを取りながら、階段落ちについて語るみかでした〜


はぁ〜悲しき営業


どんな事もネタにするのさっ


一仕事して車まで戻りながら〜


マジい…


段々、みが増してきた。


医者行こっとせ…







はじめの一歩


レベル


★★☆☆☆





はっし〜さんも物語で述べているように、


ヘルニアの原因を特定するのは難しいとみかも思うです。


みかの場合、この階段落ちが原因のひとつにはなったと思うんです


ヘルニアのみで苦しむようになってからわかった事ですが…


この時にみかの体に異変があったんです。


それは、まだまだ先のお話で


さぁ、膝ズルムケ状態で病院へ行ったみか…


「どうされ・ま・し‥た…」


階段から落ちました〜


「いやいやぁ〜思いっきりやったね〜」


それから、事情聴集のように、


どんな体勢で何段目から落ちて、落ちた所はどんな場所で等聞かれた…


警察じゃないからカツ丼はないが消毒が待っていた〜


看護婦さんが消毒する頃には、


ここにこんな数の看護婦さんいたっけ?


というほどに集合していた。


「うっわぁ〜そう…」


かわいい顔した若い看護婦さん達


そうって顔が笑ってるぅぅぅ


足と手はガーゼとあみあみカバーで、すさまじい…


腰や肩は湿布。


このままみが収まれば、もう来なくていいという事だった。


今思うと、この時は


この程度で最悪と言えただけ幸せだったかも………







歌姫


アイドルレベル


★★★★★





突然ですが、みかの趣味について…


みかはシンガーソングライターを趣味ってます


月に1〜2回ほどライブなんかしちゃいます


高校時代バンドを組み、


いつかライブで歌いたいね〜


などと言いつつ、


いち早くお嫁さんに行き、


子作りし童謡やウルトラマンの歌を歌ってました〜


そんな忘れかけてた夢が叶い、


歌姫気分でライブを始めて、


いつか自分のCDを作りたいなどと思うようになりました。


階段落ちから1ケ月ほど経った頃…


ライブ仲間がCDを自主制作する機材を購入


なんと、


それを1週間借りる事ができたのですっ〜


メカ音痴なりに、操作をして音源を入れる。


もう楽しくて楽しくて♪


みかはシンセサイザーで色々な音をパートごとに録音して、


その時は仕事を定時に終わらせて帰ってきたもんです。


すっかりナルシスト…


休みの前日は朝方までシンセサイザーに向かってました。


あっという間の1週間でした。


念願叶って、夢のCDはできあがりった〜のですが……


みかの桃尻に…





何???


変な引きつりのような〜


何???


いような違和感……



いやんっ…







桃尻の危機


レベル


★☆☆☆☆


ドキドキレベル


★★★★★





それは座っていて立った瞬間とかに多かったように思う。





桃尻がつっぱる〜





ついついたたいてみる→これは後から聞いたのですが、


絶対しちゃ駄目です





何となく良くなった・か・なっ…


そう思いたかったから、気にしないように思い込んでみてた。





あっ、まただっ…





思い込んだだけでは、やっぱり駄目子ちゃんらしい。


次第に不安になってきたぁぁぁぁぁ


とりあえず、友達に訴えてみた。





みかね〜


何か変なんだわ〜


「はいはいっみかはいつも変じゃん」








………………ちっがぁう





大親友の美希、奴はなかなか手強いっ


そこから、また違う話をしてしまった…


日増しにむ頻度が増して、みかの桃尻たたきも増えた。


さすがに、おかしいと思ってくれた美希に…


「医者行ってこんかぁい」


…と怒られ、


仕方なく、おそるおそる医者に行く事にした。





変な病気だったら、どうしよう〜





ドキドキしながら、仕事が早く終わった日に会社の近くの整形外科へ行った。







腰は痛くないよーだっ


レベル


★☆☆☆☆





会社の近くの整形外科。


内科もあるので風邪をひくと行き、注射をしてもらっていた。


中待合室に、


二代目貴乃花と先生が握手をしている写真があるのを見ていたので、





スポーツ選手が通う病院なら間違いないと思っていた。


今思えば、間違いだったが…





「どうされました?」


お尻の辺がいんです。


「ベットに寝てください」





ヘルニアの診断は仰向けになって足が上がるかだ…


この時は、まだ足を上げる事ができていた。


初体験の足上げに、なんじゃらほい?のみかだった。


「レントゲン撮りましょう」


レントゲンを写し終え、貴乃花の写真を見ながら中待合室でドキドキしながら待っていた。





「みかさ〜ん」


呼ばれて中に入ると先生がレントゲンを見ていた。


「みかさん、ヘルニアになりかけてますね〜


4番5番の間の椎間板が真っ黒でしょう。


腰に負担をかけないように注意して、毎日リハビリに通って下さい。


いお尻のとこに弛緩剤打ちますね〜」





桃尻に注射され、腰がくないのにヘルニア?


不思議ちっくな気分でリハビリに向かった。







リハビリ初体験


もっとしてレベル


★★★★★





腰のみがないのに“ヘルニア"


???


みかがいのは桃尻なのにな〜


そんな事をブツブツ考えながらリハビリ室へ行った。





ここは老人ホーム?





…と思うほど、年配の人ばかり〜


何とも場違いのような気分〜


名前を呼ばれ、初診という事で、


にならない為の姿勢など書いたプリントをもらい説明を受け、いざリハビリっ





最初はマッサージ





これは快感♪♪♪





もっとして〜♪





この日は、初めてという事で、


リハビリ室では一番偉いんだろうなって先生がやってくれた。


それからしばらく通ったが、この病院は担当が決まってないので、


毎回違う先生がマッサージをしてくれる。


かなり当たりはずれがあった。





次は牽引〜


ヘルニアと言えば牽引〜というイメージがある。


腰にベルトを巻かれ10分ほど引っ張られては緩まりが繰り返される。





気持ちいい〜♪





最後は電気。


吸盤を足や桃尻につけ、もみもみ+ビリビリ〜





うおっ





これはツボに当たると、かなり癖になる快感♪


これらの快感を味わうべく、面倒臭がりみかも、しばらくはリハビリに通うのであった。







イス


反省レベル


★☆☆☆☆





リハビリでもらったプリントを家に帰って見てみた。


腰に負担をかけるもの《×印》がついた姿勢のどれもこれも、みかが大好きな体勢…


ドライブテクは星5つ気分のみか。


シートをやや倒し気味で社長ちっくなえばりんぼ姿勢で運転する。


イスに座る時は浅く腰掛け、だらり〜んと





ふんぞり返る。





眠る時は





うつ伏せに限る。





そして、桃尻異変の始まりとなったシンセサイザーのイス


小洒落たショットバーのカウンターにでもあるよな高さで、


チビっこみかは浅く腰掛け、右足はダンパーペダルを踏む…


だからと言って、このイスに座らないとこっとは思わず〜


はいはいっと他人事♪


脂汗地獄を体験した今、


この頃のみなど蚊にさされた程度だったわけだし、


時々襲われる桃尻のつっぱりが半年後みかを苦しめるなど見当もつかなかった。


そして、





危険なシンセのイスに座り続ける日々が、この後訪れた…


10月11月12月 3連ちゃんで


結婚式にお呼ばれ〜


冠婚葬祭貧乏を爆進し、


披露宴では二人のために作った歌を歌いプレゼントするのだ。


ヘルニアの魔の手がどんどん近付いてきているとも知らず……







慣れ


アーティストレベル


★★★★★





リハビリに通ったのは約2週間。


あの快感も、忙しいみかには通用せず、


やっぱり続かなくて…


桃尻のつっぱりがなくなったわけじゃなく、


慣れてしまった。


慣れとは怖いものだ。


そして、





仕事もバリバリっ♪


ライブ活動もバリバリっ♪






ごく普通に過ごしていた。


(あくまでも、みかの中の普通です)


3ケ月連ちゃん“寿"の頃、CDを作成する機材を思いきって購入


2枚目のアルバムの作成を始めた〜♪


これで、いつでも好きな時にレコーディングができるようになり、


禁断のイスにも長く座るようになっていた。


同時進行で、定期ライブ以外でのライブの練習もしていた。


ちかちゃんという友達が


ビートルズ等オールディーズをやる主婦バンドでギターをやっていて、


前々から一緒にライブしたいね〜と夢見てた。


そのジョイントライブが3月に迫っていたのだ♪


無料で聴いてもらうという太っ腹企画


久々の地元ライブ


ともかく楽しもっ〜をモットーに、


みかもウキウキだった


だが、





この頃からみかの体に変調が起きたのだった。







忘年会


のんべ〜レベル


★★★☆☆





音楽活動もバリバリ中、年末になり仕事も忙しくなった。


年末と言えば


忘年会〜


みかの会社の宴は、すさまじい…


飲む量も半端じゃないので、いつしかみかも





『熱燗がうまいっ』





『焼酎お湯割りで梅干し入れて〜』









などと、すっかり親父化。


フリーズしちゃうよなオヤジギャグも


得意の一品だ


12月に入った頃から、みかは風邪をひいたのか、微熱が下がらなかった。


CD作りで睡眠不足〜


仕事も通常業務に年末の挨拶回りもあり疲れているのだと思ってた。








そして、忘年会





“取りあえずビール"でカンパ〜イ♪


ここで、いつもなら…





ぷはっ〜


うまいっ♪






…となるのだが、おいしくない。





あんまし飲みたくないな〜





そんな気持ちとは裏腹に、親父キラーみかは


『み〜かちゃん♪ほれ飲め飲め〜』


とすすめられるままにコップ酒〜





うっ…


何か酔っぱらい気分?






みかにしたら大した量は飲んでない。





なんか変…


寝たら直る〜






みかは寝れば何とかなると思う人なので、家に帰るとスーツのままベットへ〜


寝るというより倒れ込んだのだった…







下がらない微熱


だるだるレベル


★★★★★





年も明け、相変わらずの微熱…


朝はまだ微熱があっても元気なんだが、お昼も過ぎた頃には、


何とも言いがたいだるだる〜





仕事し過ぎ?


遊び過ぎ?






市販の風邪薬を飲んでみても、変わらない。


高熱で動けないわけじゃないし、微熱程度で仕事休めないしな〜


それで、またアノ病院へ行ってみた…


貴乃花の写真のあるアノ病院だ





「どうしました?」


風邪みたいで〜


微熱が下がらなくて〜


だるだるなんです〜





内科は先生が違う。


やさしいおじいちゃん先生だ。





「喉見せて〜あぁ、赤いね〜薬塗って、注射もしとこ〜か風邪と疲れだね〜」





はい…


仕事忙しくて〜





「睡眠と栄養取ってね。しばらく注射に通いなさい。楽になるからね。」





そして、また注射に通ったが、微熱もだるさも変わらないまま…


これにも慣れていくみかだった。


ただ、2月になってからは、だるさも過激になってきて、


午後になると肩で息をするほどだった。


そして2・26事件があった日に事件は起きたのだった。







真夜中の襲撃


レベル


★★★☆☆





2002年2月26日


午前2時過ぎ頃だと思う…





う〜


い…






突然、今までに感じた事のない腹に襲われ目覚めた。





うっ…


気持ち悪い…






吐き気のおまけ付きだぁぁぁ〜





ムカつく





眠り姫みかは、睡眠を妨げられて、ご立腹〜





おさまれっ


おさまれぇ〜






治まるところか、みも吐き気も、ひどくなる〜





もうっ


ムカつくな〜






仕方ない


トイレ行こう





みかのイメージが崩れる汚い話だが…


(どんなイメージだろう)





P〜P〜P〜





すさまじい


今までに経験がない下痢だっ


みかはお腹は弱いので、


食べ過ぎたり、ちょっと豪華な牛肉なんか食べると、


すぐ下痢る。


それにしても、こんなのは初めてだ…





昨日、何食べたっけ〜





眠くてムカつきながらも思い返してみたが特に変わった物を食べた記憶はない。





うっ〜





吐き気もある。


みかは吐いた事がほとんどない。


最後の嘔吐は中学ん時だった。


息が一瞬できないから、死ぬような気がして怖くて吐く事を我慢して過ごしてきた。


我慢ができるからスゴイという話もあるが…







早朝の襲撃


レベル


★★★☆☆





どのくらいトイレにいたか…


明日は大事な仕事で段取りしなきゃなんない。





寝たいよぉ〜





段々、悲しくなりながらトイレに入ったまま〜


たまにウトウトしてみたり〜





寝たら何とかなるかも〜





みかお得意の睡眠治療法で治そうとベットへ戻った。


真冬で寒く、体は冷えきっていたのでエアコンをつけ、


何とか朝まで眠る事ができた。


やはり、吐き気は気合いで我慢。


いつものように携帯のアラームが鳴り…


あっという間に朝がきた〜





昨夜の腹は何だったのよ〜


もうっ


睡眠不足なんて〜


けっ





2年越しで成しとげた商談成立


みかは忙しかったと同時にデカい新規ゲットでやる気もみなぎっていた


導入先のスーパーのバイヤーと問屋さん達に製造工場の見学をしてもらい、


その後は食事をする。


いわゆる接待が明日だったのだ。


このスーパーのバイヤーはメーカーとの商談は一切お断り。


そんな中でゲットした新規と、ゆっくり会えるチャンスだ〜


絶対、休めない


素早くスーツに着替えた時だった…





〜い





また昨夜の続きが〜


はじまりっ


はじまり〜







いや〜な汗


レベル


★★★★☆





朝の忙しい時にぃ〜


夜みたく、おさまれ〜なんて、おまじないかけてる暇もなく


トイレへ猛ダッシュ





いよ〜





出ない…









昨夜、出せる物は全て出し尽くしていたので、カケラも出やしない。


そして、時間も気になる。





お弁当作らないとなんないし〜


うぅ〜出ない


時間気になるよ〜





下痢なら出せばスッキリするからって信じて疑わないみかは頑張る





うぅ〜ん





のんびり、ふんばってる場合じゃない。


焦るし出ないしで、真冬にトイレで汗をかいていた。


それも脂汗…


いやな汗って感じだ。


みというのは波がある。





きたきたきた〜





でも、ただいだけだった。





もういい





スッキリしないまま、みの波が弱まった時にトイレから出た。


取りあえず、息子のお弁当を作り始めた。





おべんとっ


おべんとっ


嬉しいなぁっ〜♪





どんな時も歌を忘れないみかの歌が止まった……





……






お腹がくて立ってる事ができない。





何これ…





盲腸?


場所が違うよなぁ











何だろう……







ぽむぽむ?


レベル


★★★★☆





?????





今までに味わった事のない


みたく波があり、くなっては収まり、またくなる。





『病は気から』





と言うが、


こういう時はおとぼけで良かったのか悪かったのか…


普通なら医者に行くのに、みかは会社に行く事しか頭にないのだから。





よっしゃ


くないもん






そう言い聞かせて〜


お弁当もできあがりった〜♪





みの波が弱い時は…


"しくしく"





みの波が強い時は…


"キリキリ"


…じゃないな〜





"ガンガン"


…これじゃ頭だな〜





"ぼむぼむ"


………意味不明





すごく、すっごく、くて〜


飛び上がるほどいってのとは、また別ワールド


さすがに様子が変だ〜と息子も思ったらしく…





「どうしたん?」





ちょっと、おなかいんだわね〜





「仕事休みゃぁ〜(名古屋弁)」





今日は休めんのだって





「あほか…」





あほかもね〜


いってくるわ





息子の心配もよそに、気合い入れて


この後、


地獄を見るとは、全く予想もせず、カゴメ野菜生活をコップに1杯飲んで


仕事へ向かった……







脂汗+冷や汗


レベル


★★★★☆





営業車のカロバンに乗り、ZipFMを聴き出発


前日、遅くまで商談していた為、直帰していた。


みかの家から会社まで、僅か7kmに満たない距離だが、


渋滞のメッカを通り抜けて行くため、裏道をコチョコチョ走っても、30分〜40分かかる。


家を出て、'00年の東海豪雨で決壊し、


多大な被害をもたらした天白川を越えた辺りから、みの波が襲ってきた。





うげっ





いよぉぉぉ









の場合、どうしても体を丸めたくなる。


信号で止まる度、ハンドルに顔をつけて、お腹を押さえる。


運転しながらも





いのいの飛んでってけろ〜』





お腹をヨチヨチとさすってやってもみは更に更に強くなる…





会社まで何とか持ってくれ〜





トイレに行きたいような気分だけど、家でしたと同じで出ないんだろう。





じわぁっ〜





脂汗が出てくる。





みの波が小さくなると





ひやぁっ〜





冷や汗に変わり、寒気に襲われ肌はトリトリ。





会社まで後半分のとこまで来た。


この辺りから、更に超となり、みが弱くなる時間が減ってきた


なら、産まれる寸前…


と言ったところだ。







SOS


レベル


★★★★★





カーステから流れるラジオも耳に入らなくなってきた。


やばい


あと少しで会社なのにぃ〜


SOS〜


不安とみの中、みかは美希に電話してた。


「おっは〜」


いつも通り元気な美希の声に、みかは変な安心感が持てた。


美希〜


お腹が変


さすがに、いつものノリとは違うので、いつになく緊張感が漂った。





「どうした〜」


いぃぃぃ〜


「どこにいるの?」


車ん中


「…じゃなくて〜あのね〜





みかちゃんっ


(美希は怒る時、みかに“ちゃん"付けをする)


はい


「えらい素直じゃんマジおかしいら〜(三河弁)今どの辺よ?」


1号線越えたとこ


「そんなんで仕事できんのかよなんで出てくんだよ〜」


明日の段取りあるし〜営業車だし


「そんな事言ってる場合じゃないら〜」


確かに美希の言う通りだ…


「仕事なんてどうにでもなるんだからすぐ医者行け」


美希と話す事も辛くなってきていたが、


電話がつながってると思うと、どうにもなんないが心強かった。







何科?


レベル


★★★★★





会社まで、あと1分で着く


美希に





『絶対病院に行く』





と約束して電話を切った。


さすがに、この状態じゃ病院に行かないと危険……


尋常じゃないみがその間も襲ってくる。











もうちょっと








あと少し








会社まで行けば、みんないるし、なんとかなる。


ただ、ただ気力だけで運転していたんだろう〜


会社に着いた


くて、動けない


うずくまりたい


ここで、うなってるわけにはいかないし、これは早く病院へ行かないと〜


目の前の事務所に電話をした。


ちょうど同僚のコンちゃんが出た。


コンちゃん助けて〜


しゃべる事も、まともにできない。


「どうしたの?どこにおる?」


お腹くて





動けんくって





駐車場





コンちゃんが来てくれて、ちょっと助かった気分。


「救急車呼ぶ?」


病院連れてって〜


「何科に行けばいいんだぁ?内科かな婦人科かな」 どこでもいい


い…


みかは車の外に出ないまま、助手席に変わり、


コンちゃんが運転して会社近くの総合病院へ連れてってくれた。







記録更新


レベル


★★★★★





会社から車で5分ちょっとの総合病院は、


火傷と腎臓科がある事で有名な大きな病院だ。


まだ診察時間には15分位あったので、


コンちゃんは時間外の受付に行ってくれたが、


外来に回された。


みかは車イスに乗せられ、うずくまったまま脂汗を流していた。


コンちゃんが受付をしてくれて、


寝かせてやってくれ





看護婦に詰めより、処置室の奥の硬いベットを陣取った。





病院に来て少しホッとするものの、


原因不明のみは容赦なくみを増して、


みかを襲ってきていた。





色んな事を考えた。


ひたすら体を丸めて少しでもみが緩和する姿勢を探しながら(そんなのなかった)横になっていた。


みも究極になると





い』





という言葉も発せられないもんだ。





みかは帝王切開で出産をしているが、


がきてからの異常分娩だった為、陣も術後のみも経験していた。


人生最大のみは出産だったが、それを超えるみを味わってしまった。





嬉しくない


記録更新





処置室には点滴や注射をしに次々と人が入ってきていた。


恰幅のいい『おっかさん』という言葉がピッタリの看護婦さんが


みかを世話してくれた。







消化器内科


レベル


★★★★★





原因不明の腹は取りあえず


《消化器内科》


の先生に診てもらう事になった。


ここまで送ってくれたコンちゃんの後日談は〜


『あの時は、どうしようかと思ったわ。かなりヤバイぞ〜とドキドキもんだった。』


毎度、お騒がせみかはコンちゃんと美希のハートビートを高鳴らせてしまったらしい。


仕事に戻ると言うコンちゃんに…





ありがとう





そう言うのが精一杯だった。


処置室のおっかさん看護婦に、症状を聞かれた。


い場所はいつしか背中にも達していて、苦しむ姿が普通でもない。


何度も診察室に連絡をしてくれて


「早く先生に来てもらって


そんな、やりとりが聞こえてきた。


忙しい中で、おっかさん看護婦は、みかの気持ちを和らげようとしてか〜


「いくつなの?


結婚してるの?」


様子をみるついでに、話しかけてくれた


「もうすぐ先生来るから診てもらったら処置できるから〜」


先生がいつまでも来ないので、おっかさん看護婦は怒って…


「先生呼びに行ってくる


それから間もなくヌボッ〜とした先生が現れた。







短い診察


レベル


★★★★★





消化器内科の先生登場


「どこがい?」


おなか


「どの辺?」


おなか


どーでもいいから早く何とかして〜


「この辺?」


先生がお腹を押さえて聞いてくれても、どこもここもくて…





背中につきぬけるようにいんです





声になんない声で訴えた〜


看護婦さんに先生が指示を出す。


待ちに待った診察は、僅か3分にも満たない。


カップラーメンもできやしない時間…


それから、車イスに乗せられレントゲン撮影・尿検査をした。


そして、また処置室のベットに戻ってきた。


おっかさん看護婦が


「点滴するよ〜」


この時、みから半分気を失いかけていた。


「これしたら、少しは楽になるからね」


楽になれるなら何でもやってくれぇぇぇぇぇ〜


返事もまともにできず、うなずくみかだった。


ゴムで腕を縛り、血管を出す。


女は血管が細く、出にくい


みがあればなおさら出ないらしい


「出ないね〜」


腕を縛ってるゴムもいぞ〜


「出ないな〜」


何とか出して薬入れてくれ〜





薬〜





薬〜





薬〜





危ない人のようだ…







神業


レベル


★★★★★





血管が出てこない…


おっかさん看護婦も困り顔〜


「いつも出にくい?」


そうでもない


「ちょっと待ってて


そう言うと、一旦腕を縛ったゴムを緩めて、おっかさん看護婦はいなくなった。


点滴を入れても、みかの血管は細いらしく止まってしまう。


1本入れるのに、あちこち射し直すのが、いつものパターンだけど、


血管が出ない事は今までなかった。


おっかさん看護婦は、違う看護婦を連れて戻ってきた。


「この子出ないのよ


『わかった縛って』


二人がかりで点滴を入れるらしい。


パンパン


ぺちぺち



腕をたたかれた…


『血管細いな〜』


『よしここに入れる


かすかに浮いた血管。


手首に近いといんだよな〜


『チクっとするよ〜』


確かにチクっとはした


でも、うまいぞ〜


さすがに、わざわざ呼びに行っただけの事はある〜


それは神業と言えるほどだった。


こうして無事点滴の薬はみかの体内に入り始めた。


更に鎮剤を点滴の中に入れてくれたがみは一向に治まらず…


うっ


気持ち悪い


吐きそ〜








美しきブツ


レベル


★★★★★





ぎょえぇぇぇ〜


気持ち悪くなってきた〜


吐きたくない


絶対に吐きたくない





がまん〜





がまん〜





がまん〜





…………











できれ〜ん





気持ち悪いと言ってたので、ゲロ皿が枕元に用意してあった。


みかは起き上がり、うん十年ぶりに〜





吐いちゃった





すさまじき下痢で固形物は昨夜のうちに外出してた。


その後、口にしたのは…


そう健康のためにと飲んでいる野菜と果物のミックスジュース


トマトは大好き♪


でもトマトジュースは嫌いなみか。


最近、色んなメーカーから出てる果物+野菜-トマトのジュースはお気に入って飲んでる。


今朝も野菜生活を飲んだ。





キレイなゲロ





それはオレンジ色で、ジュースのまんま。


思わず見とれてしまった…


しかも、臭くないし…


大して苦しくもなく吐けた♪





やればできる





わけのわかんない自信を持ち、再び吐き気に襲われて〜





誇らしげに


また吐いた





さっきより少し苦しくて力が入り、むせてしまった。


そして…


次の瞬間びっくり〜





うわぁぁぁぁぁ





ベットの上が血だらけ〜







あふれ出した血


レベル


★★★★★


びっくりレベル


★★★★☆





何じゃこりゃ〜


故・松田優作状態





血・血・血





どこから出てきたのよ





鼻血?





つい鼻に手を当ててみた…


違うな〜





あ゛っ





点滴が逆流して、そこから血が吹き出してるぅぅぅ〜


しかも止まらない〜


半分閉まっていたカーテンを開けて、看護婦さんを呼ぶ〜


みで声も出ない…


隣のベットで点滴をしていたお兄さんが気付いてくれて


「看護婦さ〜ん点滴逆流しとるで来たって〜」


後からの会話を聞いてて、そのお兄さんは、


なかなか点滴慣れしてらっしゃる方のようで、


逆噴射で驚くみかとは違い落ち着き払って看護婦さんを呼んでくれた。


かなり感謝した…


「あらあら〜」


看護婦も慌てて処置。


ベットにタオルを敷いてくれて、まずは横になった。


まだ血は止まらない。


点滴を止めて接続の部分から血液を抜いて、また入れた。


また血が逆流…


タオルも血だらけになっちゃった。


何回か同じ事をして、やっとおさまった。


シーツ汚して


ごめんなさい


「気にしなくていいの」







不安の中


思い出レベル


★★★☆☆





白衣の天使。


入院患者が恋焦がれるのも納得だ。


おっかさん看護婦の対応にジーンとしていた。


仕事とは言え、不安と苦しさの中で藁をもすがりたい時に、


当たり前のように優しく世話をしてくれるのだから…





ふっと、別れた旦那の事を思い出していた。


仕事中、


不慮の事故で職人の命とも言える指はあっちを向いたままになった。


リハビリの先生とデキちゃって…


女ができた事を怪我のせいにして、みかと息子から離れて行った。


プライド高く、生活力のあったみかは負け惜しみで…





こんな弱い男








くれてやるさ








別居の後、自分が落ち込む事から回避したくて決意した離婚。


おしどり夫婦で有名だったのに…


苦しい時に支え合うのが夫婦なのに…


くやしい気持ちは強者の魂。


弱者の気持ちをみかはこれから半年がかりで、


しっかり勉強する事になっていく。


大きな病気もした事なく、入院など出産でしかしてなかった。





剤も効かないみ。


原因がわからないまま、時間は過ぎ、外来の時間が終わったのだろう。


処置室には人がいなくなっていた。







入院騒動


レベル


★★★★☆





どうなっちゃうんだろ…


早くみ取れないかな〜


帰りたいな〜


静かになった処置室で心細くなっていた。


そこへ看護婦がやってきた。





みも引かないし、入院しましょう。」








え゛っ?





入院なんてできません





言い争うわけではないが、静かな処置室の空間に声が響いていった。


おっかさん看護婦もその声を聞いてやってきた。


処置をしながら半日、


家族構成などを聞かれていたのは、


入院の可能性が高いと思われたからなのかも。


入院を勧める看護婦に、おっかさん看護婦が事情を話す。


みかは、どうなるのか不安で仕方ない。


全ては原因がわからないからだ


その原因を調べるためにも、 ずっと処置室にいるわけにはいかないし、このベットは硬くて狭くて、


体も休まるわけがない。


こんなシュチュエーションを予感してたが、必死にかき消してもいた。





子供が一人になってしまうんです。





何の病気かわからない。


つまり入院期間が読めない。


検査で一晩お泊まり〜というなら話も別だが、


自分の体…


そんなわけにゃいかないだろうと感じていた。







説得


レベル


★★★★☆





入院せずに


通院で治してください





「でもね〜」


「おじいちゃん、おばあちゃんは近くにいないの?」





頼る事できませんから





親に頼れるくらいなら、さっさと入院しちゃうさ…


「兄弟はいないの?」


いません


みかは、ひとりっ子。


今思えば、何でこんなに意地になったのか…





子供の事


仕事








頭はぐちゃぐちゃだ


(この状態で家に帰る方が無謀で怖いと、今なら思えるが…)


処置室の看護婦と外来の看護婦、


そしてヌボッ〜とした先生も来て、回りには10人近い人が集まって、


みかを説得していた。


「こんな状態で家に帰っても、子供が返って心配するよ


「子供の事はケースワーカーに相談しようね。」


「ちゃんと治して元気になんなきゃダメなんだよ


みかの体を思って言ってくれてるのは、今ならよくわかりるが、


この時は集団いじめにでもあってるような気分だった。


1時間以上、看護婦と先生の話を聞いて…


わかりました


うるうるしながら、そう答えたみかだった。







入院


感謝レベル


★★★★★





スーツの上着を脱いだ状態で車イスに乗せられ、


おっかさん看護婦が病室まで連れてってくれた。


その間、励ます事をやめないおっかさんだった…


二人部屋しか空いてなくて、60代後半のおばあちゃんと同室になった。


「今日入院のみかさんです。」


おっかさんが紹介してくれた。


よろしくお願いします。


取りあえず、病室に着いたのはいいが、


入院するなんて思ってもみなかったわけだから、みかはスーツ姿でベットに入った。


「入院した事を知らせたいところに病院から電話できるからね。」


みかは会社に連絡してもらうように頼んだ。


それから少しして、おっかさん看護婦が来た。


「会社には連絡取れたからね。後から会社の人が来るって言ってたよ。」


ありがとうございました。


「頑張るんだよ 早く治して子供が待つ家に帰るんだよ





うん


おっかさん看護婦の目も、みかの目にも涙がたまっていた。


ここからは病棟の看護婦さんに交代だからと、おっかさん看護婦は病室を後にした。







エコー


レベル


★★★★★





依然として、は容赦なくみかを襲っていた。


そこへやってきたのは〜





「担当医になりました××です。」





実は、この先生がの正体をあばいてくれたにも関わらず、


誠に申し訳ないが、みかはこの先生の名前を覚えていないのだ〜


(先生、ごめんなさいです。)


それも無理のない事で、担当医はこの30分後、また変わる事になるのだから…


またまた、振り出しに戻り問診。


昨日からの様子とみの場所を話した。


「外来でエコー見た?」


エコーは妊娠中に胎児を見せてもらってから、拝んじゃいない。


「ちょっとエコー見たいから歩けるかな〜?」


はい


何とか…


そして、エコーの機械のある部屋へ点滴をつりさげるコロコロがついたのにつかまり、


先生に支えてもらいながら歩いた。





いてぇよ〜


歩けると言ってみたものの、の中歩くのは至難の技だった。


「ここに横になって〜お腹出してね〜」


まずはゼリーのような物体が塗られた。





ひやっこ〜い





さぁ





さぁ





さぁ





みかを半日苦しめた犯人は……



(犯人って言うんかい?)







正体


レベル


★★★★★





処置室にいる間、寒くて寒くて毛布を何枚もかけてもらってた。


2月…





あまり使う事がないよな部屋だったらしく、暖房も入ってなくて寒い寒い。


みかがガタガタ震えてるので、先生は慌てて暖房をつけてくれた。





「う〜ん ほぅ〜 ははぁんそっか〜」


画面を見ながら、一人で納得してる先生。


「石だな





石???


「多分、腎結石」


「腎臓がはちきれそうに腫れ上がってるよ。これじゃいはずだわ。」


へぇ〜


そうなの…


「泌尿器科の先生に診てもらおうどこかに石があると思うよ。」


はぁ〜


「しかし、こんなになるまで、よくほっといたね〜」


えっ?


「ここまでなるには、昨日今日じゃないよ〜」


そうなの?


「体調悪くなかった?」








あぁぁぁぁ〜


年末から、ずっと微熱続いてて、だるかった〜






「ね、年末……」


だって、病気なんて風邪くらいしか知らないし〜


疲れてると思って栄養ドリンク飲んでました〜


原因がわかり始め、いっきに和やかなムードになり、


先生は爆笑してみかの話を聞いていた。







座薬


レベル


★★★★★





栄養ドリンク!


『24時間働きますか?』


そう言いながら


(ここで、あんたがたタフマンと言わないのがポイント)


毎朝会社に来るヤクルトおばさんからタフマンを買い、


仁王立ちで腰に手をやりゴクゴク飲む姿!


かなり板についていた。


それが200円、300円代の物をコンビニで買うようになり、


たまにユンケルの千円以上するのを買って飲んだ事もあった。





腎臓に原因があったなんて〜


かなり無駄な事をしてたらしいみかである。


「座薬使った?」


へっ?


み止めの座薬だよっ」


使ってません


「あれは効くからね〜出しとくから使って、ともかくみを減らそう!」





座薬!


マジかよ〜



このみが少し減るためなら仕方ないけど…


子供がbabyん時に高熱を出して、何度か解熱の座薬を入れた事はあった。


まさか自分がお世話になるとは…


この時は、数えるほどしか使わなかった座薬も、


約半年後にヘルニア闘病で





“ご愛用の一品”





となるとは思いもしてなかったが…


「病室戻っていいよ〜」


体を引きずるように点滴コロコロに寄りかかり


座薬〜


座薬〜


と、つぶやき病室へ戻った。







いい病院


レベル


★★★★★





病室に戻るとすぐ、看護婦さんがやってきた。


まずは、点滴はずっと入れたままだからズレないように固定。


次にとうとう座薬を入れられた。


若くて、かわいらしい看護婦さん。


その手際の良さに、感心していた。


神業で入れてもらった点滴も調子良く流れていた。


この病院はなかなかいいかも〜





病院からの連絡を受け、会社の人が来てくれたのは、それから間もなくの事だった。


事務の係長で40半ばのH川さん。


独身で地味なタイプの彼女とは必要以上の会話をした事がなかった。





「大丈夫?」


はぁ〜


何とか生きてます。


今わかった事を説明した。


「着替えとかどうするの?」





そうなんだ


誰かに持って来てもらわなくちゃ…


美希に頼むから


子会社で以前働いていた美希。


美希パパはみかの会社の総務次長。


だから、美希の事も、みかと仲良しだと言う事も有名だった。


「じゃぁ、美希さんが来るまでに必要な物を用意するね。」


お願いします。





渡る世間は鬼ばかりじゃないな〜


しみじみ思うみかだった。


美希と子供へ電話してくれるようお願いした。







メール


感謝レベル


★★★★★





病院内での携帯電話及びPHSの使用はご遠慮下さい。


いけない事だけど、


みかは携帯の電源を切らずマナーモードにしていた。


携帯を見ると……


朝のわけわかんない電話から連絡なくて、


心配して美希からメールや着信が何度もあった。


全部読む余裕もなく、看護婦さんが来ないうちに…





入院したから


腎結石





あと病院の名前を送信した。


忙しい仕事の最中だろうに、携帯をずっと気にしてたのだろう。





わかった。


トーイ連れて今日行くからね。





すぐに返事が来た。


トーイというのは、みかの息子。


それから、


少しは座薬の効果が出てきたのか、みに慣れてきたのか、


午前中よりはマシな気分で脂汗を流し続けていた。


看護婦さんが入院案内と申し込み書を持ってきて、説明をしてくれた。


かわいいだけじゃなく愛想もいい。


そこへ買い物からH川さんが戻った。


パジャマ、タオル、バスタオル、ティッシュを買ってきてくれた。


入院案内を見て


「おはしやコップ、洗面道具もいるわね。」


また買い出しに行ってくれた。





感謝の気持ちでいっぱいのみかだった。







ケースワーカー


レベル


★★★★★





ずっと寒かったのが暑くなってきた。


熱が出始めた。


38.5°ほどだったと思う。


点滴をしているので看護婦さんに手伝ってもらい、


H川さんが買ってきてくれたパジャマに着替えて、


ピンク色のタオルで汗をふいていた。





みかはピンクフェチ。





林家パー子みたく服までピンクにはしないが小物などでピンクがあればピンクを選ぶ。 結構、


それも有名だったりするのでピンクのタオルにしてくれたんだろう。


またまた感謝だ。





そんな時に…


トントン


「失礼します」


白衣を着た中年の男の人が入ってきた。


泌尿器科の先生かしら?


手には何やらパンフレットを持っていた。


「みかさんですね?」


はい


「看護婦さんの方から依頼があって参りました。ケースワーカーの○○です。」


あぁ〜


はい


それから、家族構成などを話した。


色々と込み入った話もした。


「どなたもお子さんの面倒がみれないとなると


ヘルパーを派遣させるか施設に預けるしかないですね。」


手に持っていたパンフはヘルパー斡旋と施設の入所案内書だったのだ。







施設


レベル


★★★★★





ヘルパーの斡旋。


話はそこから始まった。


家事を代行してもらえるシステムで、


時給換算で代金を支払うしくみだそうだ。


ただ、


子供が見ず知らずの人が家の中に入り、


作った物を食べるかだとか、


代金も安いわけではないという問題もある。


息子は大人に媚びる事をしない。


知らない人が見れば、何て無愛想な子供なのだろうと思うだろう。


しかも当時中学2年生の反抗期+思春期真っ盛りでんがな〜


難しいなぁ〜と思った。


ヘルパーが無理となると残る選択は施設。


説明が始まった。


施設と言えばタイガーマスクの


『ちびっこハウス』


だったかが思い浮かんできた。


親がいるのに、施設に預けるなんて絶対にいやだ


ケースワーカーは穏やかに話をしてくれていたけど、みかは…





いやだ





いやだ





いやだ





いやだ





いやだ






いやなもんはいやだぁぁぁぁぁ〜





ひたすら、頭の中にこだましていた。


何で病気になんかなっちゃったのよ〜


くやしくて


くやしくて


くやしくて


こんな時だけ現れる神様を恨む気持ちになっていた。










レベル


★★★★★





ケースワーカーは、


困った人の力になるために知恵を授けに来てくれたのだろうが、


その選択はみかにとって悲し過ぎる。


みかが元気になるまでならと、物は考えようだったのかもしれないが、


ただでさえくてうなってる時だ


そんな気持ちのゆとりが持てるわけもなかったのだ。


親切に説明を続けてるケースワーカーの話の途中で…





もういいです


何とかしますから





どこにも根拠のない一言である。


何とかするって、どうするの?


そんな質問がきたら………


そこまで考えもせずに、口走っていた。


当たり前だが、質問された。





何とかって?


何とかに決まってるじゃ〜ん





…といつもしてるように返しても駄目だろうと感じたので、


一応嘘をついてみた。





頼める人がいるのを思い出しました。





そうそう


うんうん


あの人がいるわ





あの人って、誰なんだろう…


みかが聞きたいくらいさ。





嘘つくのが超下手くそだという事をある時期から知ったので、


都合の悪い事は言わない事にしているみか。


怪しいと思われても仕方なかった。







疑惑


興奮レベル


★★★★★





「大丈夫ですか?」





ケースワーカーは、みかの怪し気な言動に疑惑を抱いたのだろう。


義務教育中の児童を保護しなくてはいけないというケースワーカーの正義感。


つっこまれたが、言っちまったもんは何とかしちゃうのがみかなわけだ。


いつしか営業で鍛えた





“なめらかなトーク"





が始まっていた。


それでも、心配そうにしてくれていた。


わざわざ来てくれたが、この提案に


『のった


とは口が裂けても言えなかった。


ケースワーカーは





「何かあったら相談にのりますから、また呼んでください。」





そう言って部屋を出て行った。


せっかく持って来てくれた案内書をみつめて、


ぐちゃぐちゃにしてゴミ箱に捨てた。


熱が出て熱くなってるのに、興奮して余計に熱くなっていた。





ふっ〜





病院の白い壁が冷たく感じられた。







性格


レベル


★★★★★





さぁ〜


どうしよう


1年前、2泊3日で横浜へ出張があった。


その時も、ちゃんとできたじゃん


今度だって…


そう思いつつも、心配するなと言われても、してしまうのが親心。


あれこれ考えて胸もい時に看護婦さんが来た。





「みかさん。ちょっとお話聞かせてください。」





何が始まるのだろうか…





入院においての患者のメンタル面のケアも、ここ最近は充実しているようで、


様々な事を聞かれた。


アレルギーの有無や自分を含めた


親族の病歴、


酒・煙草の習慣や


食事の嗜好、


お風呂に週何回入るかだとか、


シャンプーの回数、


宗教について、


趣味や特技、


悩み、


性格も…






みかの性格





明るい


落ち込む時は一時的に地ベタをはいまわるけど、はいあがるのも早い。





そうだよ〜


今までだってピンチは何度もあった


くよくよした事もあったけど、何とかなったじゃん♪


そこには支えてくれた友達がいたし〜


今回だって、絶対平気さ


看護婦さんに話しながら、早く治してやるぅ


病気になんか負けてたまるかってんだ


しかも、たかが石なんかに〜


必死なみかだった。







担当医登場


レベル


★★★★★





「最後に入院に際して困ってる事や悩みがありますか?」


子供が心配なので、早く治して退院したい。


この言葉をまさかまさか、


4ケ月後に繰り返す未来があるとは、思うわけもないみかだった。


「明日は泌尿器科の先生が診察しますからね。


後から病室に来ると思いますよ。」


はい


みかがいる病室は旧館のようで、造りが古い


薄暗い部屋だった。


何となく日が暮れてきたかなぁ〜


そんな時間に…


トントン


「やぁどうですか?」


へ?


何ともひょーきんな先生がやってきた〜


背がひょろっと高くて、かなり痩せている。


ズボンは病院から支給されているらしき白いズボン。


それが寸足らず状態だった。


みは?」


いです。


「熱出てきたのかぁ」


カルテを見ながら、怒り出した。


「なんで抗生剤やってないんだ


えーと


みかに言われても…


先生が看護婦を呼び指示していた。


年の頃は30になってんのかな?


ってくらい若い先生だが熱血感あふれてる様子だった。 担当の


“きむりん"


は会議という事で詳しい診察は翌日に〜と慌ただしく出て行った。







抗生剤


レベル


★★☆☆☆





きむりんの指示で抗生剤の点滴をする事になった。


稀にアレルギー反応が起きるため、皮下に注射をしテストをする。


左手は点滴で塞がれているので、右手の腕の内側にした。


ツベルクリン反応を見るようなものだ。


2ケ所に、片方は抗生剤と、もう片方は生理食塩水を注射。


それで、抗生剤を打った方が赤く大きく腫れれば、


その抗生剤は使用不可となる。


合わないという事らしい。


一瞬ではあるが、これはい注射の仲間だ


まっ、


くない注射なんかないんだけど、針を射した時より、


液が皮脂に入ってくる時が〜





うおっ〜





ほんのわずかな時間だけどいのだ。


「反応を15分後に見に来ますね。」


看護婦さんが15分後見に来たが…


みかはアレルギー体質である。


プラス皮膚が弱く、新陳代謝も悪いのか、


アルコールで消毒して皮膚に摩擦が加わった部分が赤くなっている。


「うわぁ〜アルコール駄目だな〜」


「お酒弱い人?」


酒好き


顔は赤くなるけど〜


そんなに弱くはないと思うよ。








「ごめんもう1回やらせて





マジすか?








うおっ〜再びっのみかであった…







抗生剤再びっ


レベル


★★☆☆☆





次はアルコールじゃなく、違う物で消毒。


違う物ってのが何だかは、みかもわからんちん。


そして…


うおっ〜


再びっ…


それも、抗生剤と生理食塩水の2つなわけだ。


もしも、これで抗生剤が合わなかったら、


違う抗生剤をテストするのよね………


そう思うとちびまる子ちゃんが


タラっ〜


と一汗かいてる絵がみかの心境だった。


15分経過〜


反応はっ


注射針が射される→肌に刺激を感じる→赤く腫れる=みかの体質。


この反応を見るには、やっかいな体なのだ。


看護婦さんも、一人では判断できないらしく、他の看護婦さんを呼んできた。


それでも判断に困ってる様子。


あの〜


私、例えば忘れないようにボールペンで手に書くと、


そこが腫れてインク消えても字が読めるんだけど…


「そうなんだぁ〜」


「じゃぁ、平気かもね〜」


「抗生剤入れて、かゆくなったり、気分悪くなったら、すぐ呼んでね


そして、


いちかばちかの抗生剤を点滴のジョイントに繋げた。


結局、何て事なく無事に抗生剤は投与されていった。


安全の為とは言え、


うおっ〜


は1回にして欲しかった…







再会


うるうるレベル


★★★★★





看護婦さんの話だと、石さえ出れば退院できるという話だった。





出〜てこいっ





祈らずにはいられないみかだった。


そこへ、みかの会社の部長がやってきた。





「どうだ〜」





細い目を更になくして微笑む部長。


派遣社員で事務をしていたみかを引き抜き


会社初の女の営業にしてくれた恩人である。





「お前がおらんとな〜事務所が葬式みたいでいかんのだわ。子供の事もあるし、早く元気になれ





部長が帰り、陽もとっぷり暮れた頃…





「来たぞ〜」





美希がトーイを連れてやって来た


今朝も顔を見たのに、すっごく長い間会わずにいた親子の再会の気分で、


うるった。


病院の場所がわかんなかったから、


みかの会社に寄って、コンちゃんに先導してきてもらったというのが美希らしい。


パジャマや下着に化粧水なども、勝手知ったるみか御殿。


もしも、みかに何かあったら…と


生命保険の話も美希にはしていた。


その話をした時、美希は怒ったけど、


万が一だし、みかが簡単にくたばるわけないじゃん


って言ってたが〜


まさか、まさかの緊急入院。


美希が女神様のように感じた。







くっそ〜


うるうるレベル


★★★★★





先導してくれたコンちゃんに、明日のビッグイベントの件を心からお願いした。


新規を取っても、実績が伸びなければ意味がない。


そのためにも、明日はスーパーのバイヤーと親しくなるチャンスだった。


こうなった以上、くやしいけど、お任せするしかないのだ…


美希とコンちゃんが席を外してくれて、トーイと二人になった。





ごめんね〜


早く治して帰るから


トーイ一人になっちゃうけど、頑張れるよね?





「うん」





顔を見ただけでも涙が出そう。


これ以上言葉を出すと泣けてきそうで…


ここで、みかが泣いたらトーイが余計不安になってしまう。


ひたすら、いのも我慢して笑った。


平気だよって顔を作ったつもりだった。


それでも、トーイは心配そうな顔をしてたっけ…





くっそ〜


こんなとこで寝てたくなぁぁぁぁぁい





くっそ〜


このままトーイと家に帰りた〜い





食事は、コンビニでもスーパーでも行って買って食べるようにと、


お財布の中にあったお金を渡した。


一人で食べる食事は、おいしくもないだろうな…





くっそ〜


くやしいよぉぉぉぉぉ〜





心の中は涙で溢れてた。







親心


号泣レベル


★★★★★





行きも帰りも、美希の車の中でト-イは黙ったままだったそうだ。


大人には口数の少ないトーイ。


美希はトーイの気持ちも察して、敢えて話掛けず、


トーイの好きなポルノグラフティのCDを流してくれてたそうだ。


みかが帰りにコンビニに寄って、明日の朝食べる物を買ってやってと頼んだ。


美希がいろんな物を買ってくれたらしい。


家に着いて、トーイからメールが来た。


一応、みかの両親へ電話しておいてとトーイに頼んだ。


何度か、メールのやりとりをした最後に…





トーイがんばってね


早く帰るからね





みかの送った文章は確かこんなだったと思う。


その返事は…





わかった


がんばる





短い文だったけど、これだけは一生忘れられない。


これを見た瞬間に、我慢していた涙が次から次へと出てきた。


今、これを書いている時でも泣けてしまうくらい…


親の勝手で子供を作り、親の勝手で片親にした。


子供は文句も言えず、その運命に従うしかない。


だから余計に、余分な苦労なんてさせたくなかった。


元気な時には感じる事のできない気持ちが生まれていた。







励み


思い出レベル


★★★★★





みかが落ち込む事があった時の事、


トーイには悟られないように泣いてた事があった。


でも、狭いながらも楽しいみか御殿。


ひとつ屋根の下に住んでいたら、わかってしまうのも無理のない事。


そんなある日、


みかの部屋のローチェストの上に並べてある本が2冊から3冊に増えていた。


よく見ると、トーイの小学校ん時の教科書だ。


みかの時代から変わらない、その教科書の題名。


他の市町村はどうなのかわからないが、


名古屋市で使用している


“道徳"


の教科書は…





『明るい人生』





また心配かけちゃった。


情けないママだなって思いながらも、頑張らなきゃって泣いた事もあった。





会社で辞めてやりたいほどムカついた時は…


「7階まで行って、ムカついた人の名前言って、





バカヤロー





って叫んできて〜んすっきりするよ」


当時は7階建ての集合住宅に住んでいた。


そんな事を言われて、思わず笑ったっけ。





いつもそうだった。


トーイがいてくれたから、こんなどうしようもないみかも頑張ってこれた。





今度だって





もう泣いてなんかいられない。


くて眠れない夜をそんな思いで過ごしていた。







初夜


燃える闘魂レベル


★★★★★





昼間に比べたら、幾分みも治まった。


朝から何も食べていない。


水分だけは、たくさん取るようにって、


お茶をガブガブ飲んだだけ…


少し余裕も出てきたので、


ちょっとお腹ぺこりんだなっ〜なんて思った。


人間の欲求は、面白いもんだ。


の最中は、このみさえなくなればいいとさえ思うのに、


その欲求が満たされれば、次なる欲求が生まれてくるのだから…


気持ちに余裕ができた時〜


はっ


とした〜


ちかちゃんに連絡しなくちゃ


ジョイントライブまで、2週間を切っていた。


何とかして、ライブしたい


更なる欲求の誕生だ


これは、何としても早く退院しなくては〜


うるうるもふっ飛び、





闘志のようなものがみなぎってきたぁぁぁ





しかし、


こんな状況でライブの事を考えてるみかって、





マジ音楽バカなのだろう。





入院の連絡メールをしたちかちゃんからは、当たり前だが…





『無理はしないでライブはいつでもやれる


しかし、その続きは…





『…と言って聞くみかちゃんじゃないわね(笑)早く出てこい


と、オチていた〜


さすが、みかの友達っ♪





頑張るんばっ







欲求


レベル


★★☆☆☆





昨夜も腹で、眠れなかった。


かなりのねむねむモード。





うとうと…





とはするものの、


まだ熟睡するほどみは治まっていなかった。


それと、点滴と水分補給で、


やたらとトイレが近い〜


プラス、みかの病室はトイレの真横


トイレまでの距離が近いのはありがたいが、トイレに誰か来る度に物音がする〜


枕も違えば、なおさら眠れないわけだ。


発熱のため、汗は出るし〜


今度は、お風呂に入りたくなっていた…


何とも、貪欲なみかだ事。


うとうとしてるうちに朝がやってきた。


朝になった頃には、昨日一日のみが嘘のよう


熱はあるものの、元気っぽい気分になっていた。


そして、待ちに待った食事〜


最初の病院食は何かしらっ♪


運ばれてきた食事は…………





5分粥だった〜











これだけっスか?





それでも、食べられるだけありがたいさっ♪


口にした瞬間、ありがたさが消えた。





味なし





しかも、はししか用意してなかった。


1/3も食べずに、お残ししちゃった。





あぁぁぁぁ〜


好きな物をたらふく食べた〜い








やさしさ


レベル


★★☆☆☆





今日は、接待の日…


くやしいなぁ〜


昨日に比べたら、天と地の差ほど、いのはぼやけていた。


それでも、と言えるみではあった。


ちょっと仕事の事など考えながら、ぽけたんとしていたら、


看護婦じゃなくヘルパーさんらしき人がやって来た。








「みかさん、外来で今から診察しますからね〜」








車いすに乗せられ、外来まで連れてってもらった。


昨日はくて、回りを見る余裕などなかった。


みかの病室のある南館から本館まで、迷路のように長い道のり〜


途中、外気が入り寒い通路では、バスタオルをかけてくれて通った。


外来診察室に着いた。


やさしくしてもらう度、ありがとうの気持ちがあふれだす。





「ここで呼ばれるまで、待っててね。





くない?





座ってられる?」





はい。





「終わったら迎えに来るからね〜」





ありがとう…





人のやさしさをこれほどかみしめられるのも、病気になんなきゃわかんなかった。


悪い事ばっかじゃないさ♪


泌尿器科の待合は、中年より上の男の人ばかりだった。


ふたつの診察室があり、片方に今日の担当医は“きむりん"と書いてあった。







6mm


レベル


★★☆☆☆





「みかさ〜ん」





はい





5分後くらいに呼ばれて、診察室の中へ入った。


きむりんが昨日撮したレントゲンを眺めていた。





「おはようございますみはどう?」


昨日よりはマシになりました。


「ここにある〜ほらねっ


定規を取り出し、計っているきむりん。


そこには小さな黒い物体があった。





「尿管結石だね





そうなんだぁ…


(かっこ悪い病名だわ…)





「6mmかぁ〜そんなに大きいわけじゃないけどな〜」


それから、またエコーを見た。


腎臓というのは、レントゲンでは写らない臓器だそうだ。


「この位の大きさなら、自然に出る事もあるんだけどね〜」


そうなんだ…


(でも、そう…)


「腎臓がかなりダメージ受けてるから、早く出してやらないと、腎盂炎になりかけてるからね〜」





腎盂炎???





「明日、破砕しよう〜いいねっ





はぁ〜





きむりんのペースで、ぽんぽんと話は進み〜


明日、破砕という事になった。


昔なら、体を切り刻み、石を取り出す事しかできなかったが、


医学の進歩は素晴らしい








"体外破砕術"







ポスター


おバカレベル


★★★★★





体外破砕術というのは、字の如く…


体外から衝撃を与えて石を粉々にしてしまう術式なのだ


みかのような尿管結石や腎結石、胆石などに用いられている。


これで石が割れて、経過を診て2日後には退院できると聞き〜








さっさとやっておくんなまし








そう期待に胸ふくらませていた。





その日の昼下がり…


3月10日にジョイントライブをする事になってる


Toothpicksのギタリストちかちゃんがお見舞いに来てくれた





「みかちゃん生きてるかぁいっ♪」





あぁ、ちかちゃん





キティちゃん好きのみかに、キティのかわいい手提げ袋に入った飴ちゃんと…


何やらデカい物を持ってるぞっ〜





?????





なんと、それはジョイントライブのポスターだった





「これを見て早く元気になってよ





やると言い出したら、何が何でもやるみか


少しでも励みになるようにと、みかの目につく場所にポスターを貼ってくれたのだ〜


やる気が漲ってきたみかだが、微熱は下がらず…


腎臓が悲鳴を上げたままだった。








何としてもライブする








ここまでくると…


ただのバカだろうと今は思うみかである。




破砕のいろは


レベル


★☆☆☆☆





ちかちゃんが帰り、続いてきむりんが





"体外破砕術"





についての説明にやってきた。





「やぁ





いつもながら、ユニークな登場の仕方である。





「明日の破砕について、説明するね





はいっ





「麻酔はしません。


みは多少あるかもしれないから、もしも途中で耐えられなかったら、


遠慮なく言ってください。」





はい





「明日は急遽なんで、×○先生がしてくれますからね。」





えっ?


先生じゃないんだぁ〜





「はい。残念なんだけど、明日は×○先生なんだよね〜でも、大丈夫だから頑張りましょう





はい





「みかさんの石の大きさなら、うまく当たれば簡単に割れるから♪」





はい♪


早く退院したいんで、よろしくお願いします





ちらちら、きむりんは派手なジョイントポスターを見ながら語っていた。


最後に説明を聞いて、この処置に同意するという署名・捺印をした。


先生の指示は、水分を大量に取ってくださいという事だった。


このくらいから、みも楽になってきていた。


明日になれば、もっと楽になれると信じて、


夕食の七分粥をいただくみかだった…










感激レベル


★★★★★





病院の夜、2日目…


昼間は微熱程度が、夜になると熱も上がってくる。





水分、水分〜





ちかちゃんが買ってくれたペットボトルのお茶を飲んで、


暇つぶしにテレビなんか見ていた。





トーイはご飯食べただろうか…





いつも気になるのは、やはり一人でいる息子の事だった。


そして、仕事の方は行けなかった接待の真っ最中だろう。





うまくいってるだろうか…





ついつい、一人になると物悲しくなってしまいがちで…








明日は破砕だもん





頑張らなきゃ









そんなとこへ…


「おっす生きてるかぁ〜」


みき〜♪


みきが来てくれた。


「えぇもん持ってきたぞ


???


「どうだぁ〜?」


この当時大好きだった人が来てくれたんです。


仕事がハードで休みがない。


お見舞いになんて来てもらえないと思ってた。


この日は夜勤…


休み取ってまで来てくれた事が、みかには嬉しかった。


仕事に、


ママに、


なんちゃってパパをしてても、


この人の前だとホッとできて、


ただの女でいられる一瞬だったから。


残念ながら、この8月には会えなくなっちゃいましたが…







造影剤


レベル


★☆☆☆☆





面会時間を過ぎ、消灯時間まで二人は居てくれた。


心細い一人の夜が少し癒やされた。


水分をたくさん取らないとなんないって言うと、


お茶を山ほど買ってきてくれた。


熱はあるものの、この日は眠る事ができた。


夜中になると、さすがにお腹が減ってくる。


お粥と少しのおかず、それも油物は一切なしだったからだろう。





お腹ぺこりんだな…





空腹は、お茶でカバーしていた。


点滴もあるので、トイレには頻繁に行っていた。








朝になり、熱も下がったので、点滴が外れた。


そして、造影剤を入れての腎臓のレントゲン撮影。


朝食は延食となった。


延食とは、字の如く食事が延びる…





つまり、あ〜と〜でって事だ。





お腹は背中とくっつきそうなのに、食事が延びるのは、かなり辛い。


2日前のは嘘のよう


自分で歩いて放射線科へ行った。


名前を呼ばれて中に入り、ガラスが張ってあるよな感じの台に寝て、まずは1枚。


続いて造影剤を注射されて、待つ事20分〜


ベットが斜めに傾き、造影剤が落ちて行くのを写すんだろう。


ミエロとは違い、こちらは普通の注射のみだけであった。







探検隊


冒険レベル


★★★☆☆





レントゲン終了


病室へ戻る前に、病院を探検〜


のんきというのか…


簡単ではあるけどオペが午後からあるってのに…


そして、売店を発見してしまった♪





お菓子命のみか





破砕が終わったら食べようとおやつを物色。


病院にしかないのかも…


(そんなわけない)


チョコボールのおまけ付きを発見


カタカタ振って、おまけを確かめる。


昔、グリコのキャラメルを買う時も、いつも振っていた…


振っておまけがわかるなら苦労しないのに、なぜか振ってみたくなる。


チョコボールをゲットして、にこにこと病室に戻る途中〜





あ゛っ〜〜〜





おっかさん看護婦と偶然遭遇


ちゃんと覚えててくれた。


ある意味、忘れられなかったのかも…





「どこが悪いかわかった?」





うん


尿管結石だった。


今日、破砕するの。





「良かったね〜 心配してたよ〜 原因がわかったら大丈夫 石だったのかね〜


そりゃ、いはずだね 頑張るんだよ





10年振りに友達と会ったように、手を取り合って話していた。





最後に…


ありがとうございましたとお礼を言って、深々と頭を下げたみかだった。







破砕の部屋


ドキドキレベル


★★★★★





病室に戻り、延食となっていた朝食をいただいた。


昼食は絶食で、午後からいよいよ破砕だ。


初体験をする時は、どんな事でもドキドキしがち。


ましてや、みを伴うらしき事。


早く終われと始まる前から思った。


破砕の部屋へ看護婦さんに連れてってもらいながら探りを入れた。





どのくらいかかるんですか?





「だいたい30分位かな。長くても1時間。」


わりと早く終わるんだ♪


(なぁんだっアッという間じゃん)


「うまく石に当たれば、早いみたいね。」


いのかな…


「人によって、全然くないって人もいるし、くて麻酔してやる人もいるけど、


麻酔するほどいって人は少ないから、心配ないよ。」





大した事なさげ〜


ホッとしたみかは、破砕の部屋に到着。


放射線を当てて、石の場所を確認しながら狙いを定めて、衝撃波を当てる。


破砕の部屋は放射線科にあった。


大きな機械とベットがあり、ガラス張りで部屋が区切られていて、


ガラスの向こう側で先生が操作をするのだ。


「名前と生年月日をお願いします」





みか


8月X日





いよいよ始まるんだ。





ドキドキ…







破砕開始


レベル


★★★★☆





うつぶせになって寝る。


ちょうど下腹部、石のある部分のベットがスライドして、


お腹ら辺は空中状態となった。


腕には血圧を計るのが巻かれた。


「では始めますね〜」


いよいよだわっ


さっさと終わらせてちょうだいっ


みが我慢できなかったり、気分が悪くなったら手を上げて知らせてください。」


はい








パチン








パチン








パチン









石と石をぶつけてるような音がする度、体に衝撃があった。


最初は、大した事なかった。


最初はね…


回りを見ると、ななめ前方に“パチン"と音がするごとに、


赤い数字が1つずつ増えていっている機械を発見


これって衝撃波の回数なんだぁ〜


余裕で、その数字を眺めていた。


20回すると10秒ほどの小休止。


いったい何回やるのだろう?


素朴な疑問を持った。


50回を越した頃からだった。


衝撃が強く、内蔵までつきぬけてくような感覚で、


それはいという感覚に変わった。


もうすぐ終わるんだし、我慢しよう











200回になった…


看護婦さんが来た。


「大丈夫ですか?」


無言でうなずく…


必死に耐えるみかだった。





.cgi" accesskey="3">黎次

破砕開始


レベル


★★★★☆





パチン











パチン











パチン





いてぇ〜









いったい


いつまで


続くんだよぉ〜


パチンと音がして、ズキンとくる。


「くるっ…」って思うと、体中に力が入りまくる。


またまた脂汗がじんわぁ〜り。


20回に1度ある、ほんの短い小休止も、短すぎて休みにもなんない。


いよ〜


それでも、この後には退院が待ってると思うから、我慢しまくりっ


300


もう終わっていいよ〜


400…


もう1時間なんか、とうに過ぎてるよ〜


500…


500で音が止まった。


……終わったの…か…な?


ガラスの向こう側に居た先生がやって来た。


「これ以上はやめときます。」


へっ?


(どういう意味さ〜?)


「石に当たってはいたけど、割れた感じがしないんです。」


はぁっ?


嘘でしょ〜





あんなに我慢したのにぃぃぃ〜





そりゃないよぉぉぉ



「当たってはいるし、今日割れなくても、明日割れて出てくる人もいるから


マジで?


もっと簡単にできるって感じだったのに、がっかり…





500回の衝撃。





約1時間半。


それはそれはかった…


ぐすんっ







トイレ


ドキドキレベル


★★★★★





病棟の看護婦さんが迎えに来てくれて、車イスで病室に戻った。


「長くかかったね〜」





割れなかったんだって…


「えっ?そうなの?」


うん


看護婦さんも、かける言葉を一瞬見失っていた。


病室に帰り、点滴をした。


しばらく安静にという事だった。


水分もたくさんとって、先生が言ってた


『明日になれば出てくる人』


になろうとした。


石が出ますようにと祈る気持ちでトイレへ行った。


尿管結石がわかってから、尿は全量ためるのだ。


プラスチックの容器にして、壺型の容器に移す。


その時、石が出ていたら底に残る。


容器には名前がシールで貼ってあり、なかなか恥ずかしいものだ。


この時は、消化器内科の病棟にいたので、泌尿器科のトイレは知らずに済んでいた。


破砕後の初トイレ。


いつものようにプラスチックの容器にした。





…………真っ赤





ドキドキしながら、トイレについているナースコールを押していた。


「どうしました〜?」


これ………


「あぁ…


破砕の後は血尿が出たりするからね〜」


真っ赤な血尿…





その夜の戦いへのファンファーレだったのだ。







再襲


レベル


★★★★★





夕方、ぼんやり寝ていると、お得意先の常務がやってきた。





すっぴん…





パジャマ姿…





見られてしまった〜





前日のスーパーバイヤー接待にこぎつけるため、


新商品を入れてもらうために、力を貸してくれた人。


接待はうまくいったという事で、ほっとしたみかは、バカ話をしながら楽しく過ごした。


その後、担当医きむりんがいつものように…


「やぁ


と、やってきた。


「いまいちだったみたい。かなり強い衝撃与えたらしいから、かったでしょう?」


先生、いってもんじゃないよ〜





「今は?」





何ともないよっ





「明日、またレントゲンで見て、次を考えていこうね。」


はい…


少々、重苦しい雰囲気ではあったが、きむりんは前向きに治そうとしてくれていた。


担当医に恵まれたなって思った。


また、七分粥を食べて消灯を向かえ、メールで


『石は割れなかった』


と息子と友達に報告。


みかに似て頑固なのよ…


そんな返事がきた。


ん?





じわじわ…





っ…





じわじわ





い〜





じわじわ





嘘でしょぉぉぉぉぉ





の始まりだった…







真夜中の戦い


レベル


★★★★★





ドキドキ





ドキドキ





ドキドキ









みがじわじわと始まると、なぜドキドキするのだろう。


死ぬほどの病気ではないけれど、








やはり怖い。








いつナースコールを押そうか…


ひょっとしたら、治まるかも…


そんな期待は儚く崩れ去り、みはどんどん増していき〜


入院初日のみと同じ、それ以上だったかもしれない。


耐え兼ねて、ナースコールを押した。


「どうしました?」








い…








苦しむみかを見て、看護婦さんも慌てた。


「すぐみ止め打つね








うん…








まずは、点滴にみ止めを入れた。


全く効果なし。


更に、みが波もなく襲ってきて、ベットの上でもがいた。


信じらんない…


何で、またいのよぉ〜


脂汗。


泣きたいわけでもないのに涙。


タオルで汗を拭きながら…





ぐぉぉぉぉぉ〜





って叫びたい気分。


30分くらいしても、は変わらず…


またナースコールを押した。


「どうしました?」


全然、みが治まらない。


「まだ、さっきのみ止めして時間が経ってないから、次ができないの。」


…と言いつつ、みかの姿を見て看護婦さんは消えた。







鎮痛剤2番手


レベル


★★★★★





看護婦さ〜ん





冷たいよぉ〜





くすんって、いじけながら、もがき苦しむみかだった。








5分ほどして、看護婦さんが戻ってきた。


「相当いね〜」








かなり…








隣のおばぁちゃんを起こさないように会話していた。


「今度は効くと思うから


看護婦さんは、注射の準備をしに行ったのだった。


でも、待てよ〜


初日の事を思い出せ


何が効果あった?





◎ざ◎や◎く◎





あの日も、おっかさん看護婦が色々してくれた。


しか〜し


苦労のわりには、どれも効果は今ひとつ。


病室に来て、してもらった座薬◎


これが一番だったのだ。


その事をコチョコチョ声で看護婦さんに伝えた。


だが、先生からの指示でカルテには、みの処置で出す薬が書いてあるそうだ。


多分、薬の弱い順になってるんだろう。


強い薬は効く分、副作用なんかもあるんだろうし、


剤というのは実際にいのを麻痺させるわけだから、


体にいい物とも思えない。


点滴に入れた鎮剤の次は、筋肉注射。


腕をまくり、針をぶっ刺された。


い注射も、このみに比べたら、何でもなかった。





効いてくれ〜







これぞ激痛病棟


レベル


★★★★★





筋肉注射の鎮剤。


果たして、その効果は…


20分くらいで楽になるという看護婦さんの言葉だった。





なのに…





どうして…





こんなにいの?





い〜





い〜





い〜








悲しい〜





悲しい〜





悲しい〜








寝たい〜





寝たい〜





寝たい〜








何をどうやったって、は変わらず。


もうちょっとしたら効いてくるはず


そう信じて待ってても、ひたすらのだぁ〜


ナースコールを押すまでには、何度もためらいがある。


忙しい看護婦さんを呼ぶわけだから、究極まで我慢をしてはみた。





1時間。





これを過ぎても変わらなかったら、ナースコールしようと自分の中で決めた。


どんなに待っても、みの緩和はない。


そして、ナースコール。


「どうしました?」


…と普通なら聞いてくるが、看護婦さんも察するわけで〜


「だめみたい?」





うん…





み変わらないってより、ひどくなってる。


「さっきの薬は、かなり強いんだけどね。もう30分だけ我慢してそしたら次の薬使うから。」





わかった





この30分の長い事。


カップラーメンができるのだけ待つ3分が長いのと同じだ。







アレ


レベル


★★★★★





体が熱いのも感じていたので、熱を計ってもらうと38度を超えていた。


剤には解熱作用もある物が多いが


ヘルニアの時も思ったがみがひどいと鎮剤なんてのは無意味なのだ。


引き続き、もがき苦しむ中、やっとの思いで30分経過…


ナースコール押そうかな〜って思ったところへ看護婦さんが来てくれた。


「治まらない?」








うん…








そして、またまたアレのお世話になった。





そう…座薬さん。





座薬の鎮剤というのは


特に下半身系のみに効果があるとか看護婦さんが言っていた。


座薬をして、30分ほどしたら、少しはみも我慢できる程度になった。


眠れるまでのみになったのは、朝方だった。


トイレに行けば、まだ若干血尿ですって感じだった。


少し眠れて、起きた時には、みも軽くなり〜


汗だくになったパジャマを着替えた。


そこへ、レントゲンを撮ってくるようにと看護婦さんに言われ


ひょこひょこと放射線科へ行った。


撮り終えたら、きむりんの診察。





石は、しっかり


くっきりと写っていた。






また定規を出して計ると5mmになっていた。


ほんのカケラが割れたらしかった。







頑固


ウキウキレベル


★★★★★





「そんなに大きな石でもないのに、かなり堅いみたいだね。」


先生〜


そういうのって、本人に似るのかな?


かなり頑固なもんだから…


真剣に話すみかに、先生は爆笑しながら…


「みかさんは頑固なんだぁ〜」





うん


かなりねっ






ちょっとエバってみた。


「さぁ、どうしよっか〜」


どうしようね〜


(これが先生と患者の会話かしら…)





「来週、もう一回やらない?」





えっ〜





それまで入院してんの?


「だめ?」


先生


子供の事も気になるし〜


仕事も気になるし〜


お願いだから、一回退院させて


「でも、早く出してあげないと腎臓がね〜」


わかってる


3/11には、準備万端で入院するから


「う〜ん…ただ約束して欲しいのは発熱があったら、救急車呼んでも来てよ


うん


約束するよ


「取りあえず、明日退院ね。」


満面の笑みのみか〜♪


それを見た先生は…


「ホントに、熱出たら来てよ


先生ったらぁ〜


平気だよ〜ん


約1週間後の再入院を約束し





シャバへ帰る事となったみかは浮かれポンチキだった。







なんちゃって退院


ウキウキレベル


★★★★★





きゃっほほ〜


退院〜♪


なぜ3/11に再入院…


答えは、ただひとつ〜





ライブ





1週間あれば、仕事も段取りができる。


息子が困らないように、食料の用意もできる。


そして、ライブもして心おきなく療養〜♪


かなり無謀なみかの計画。


だいたい、症状としては石が動けば


熱が出るなら夜。


忘れちゃいけないのは、日に2リットル以上の水分を取り


トイレもこまめに行く事。


完治での退院ではないので、みかにも不安はあるものの


やる事をやっての再入院なら精神的にも楽だろうとは思った。





「時間を作ってきてしっかり治させて





きむりんと約束をした。


翌日…


タクシーで会社まで行き、会社に置き去りの愛車アウディくんに乗り、みか御殿へ〜


ただいまぁ〜


息子は学校に行っているので誰もいないけど、そう言いたかった。





みかの家〜♪


イッエ〜♪


あぁ幸せ…






苦しい思いをした後は、今まで当たり前だと思ってきた事も


ありがたくなり、小さな幸せに変わる。


今夜は、ひもじい思いをさせた息子に腕をふるってご飯を作ろう





何もかもが嬉しかった。







外来


レベル


☆☆☆☆☆





自宅で過ごした間、みは全くなかった。


ただ、体はかなりだるい。


仕事へ行き


みかが休み中にやってもらう事をまとめたり


やれる事は必死でやっていた。


倒れそうだったのは気力で乗り切ってた。


はぁはぁと言いながら、それを会社の人には悟られないようにしていた。


夜になれば、先生が言った通りに熱が上がる。


内服薬の効果か、高熱とまではいかなかったが、38度になるかなってくらいは出ていた。


もしも、高熱が出たら…


美希が夜中でも病院へ走るからと言ってくれていた。


自宅で過ごす4日目。


この日は外来で診察を受ける事になってた。


仕事をほんの少し抜けて、予約時間に受付を済ました。


退院する時の指示で、この日はまた造影剤を入れてのレントゲンもする事になっていた。


それを撮り終えて、待合いで約1時間待った。





「やぁこんにちは〜」





こんにちは〜





「どう?調子は?」





いつもの調子で、きむりんと話してた。





みはないよ〜


夜になると少し熱が出て、だるいくらいかなっ〜


「熱はどのくらい?」





38度弱くらい。





「………」


???







カテーテル


レベル


☆☆☆☆☆





「やっぱり、熱出ちゃったかぁ…」


でも、朝になると下がってるよ〜


(…と言っても平熱までは下がっていなかった。)


「ねぇ〜入院しない?」


きむりん…





ねぇ〜





彼女〜





お茶しない?






みたいな感じで言うから、みか笑いながら…


しな〜い


「でも〜 熱出てるんだよ〜 どうしてもしない?」


だから〜


先生言ったじゃんね


月曜になったら入院するって


まだ仕事も片づいてないし無理


「でも、このままじゃ帰してあげられないんだな〜」


はぁ?


この時に、あまり良くないという事に、やっと気付き始めた。


「どうしても入院できないなら、カテーテル入れるしかないよ。」





カテーテル?





(何よ、それ…)


「レントゲン見ても左の腎臓はほとんど機能してないんだよ。」


それは、素人が見ても簡単にわかる。


「だから、腎臓から膀胱までの人工的なバイパスを作るわけね


体にカテーテルを入れておけば、応急処置はできるからね。」


そうなんだ…


「どうしても、入院できない?」





できない





「じゃぁ、カテーテル入れるしかないね。」







どんより


レベル


★★★☆☆





カテーテルを体に入れる。





緊急事態のように、きむりんは看護婦に指示を出し


処置が何時からできるかを聞いていた。


「先生、2時からできるそうです。」


「みかさん。


2時から、1階の放射線科でカテーテル入れますからね。


ちょっと、お腹すくけど食事はやめてください。


水分はたっぷり取ってください。」


はい。


仕事抜けて来てるんで、時間も少しあるし出直していいですか?


「いいですよ。」


みかは、気が重くなりながら、車に乗った。


この時の気分は『どんより』がビンゴだろう。


上司に電話をして、午後から半休をもらう事にした。


会社へ戻り、簡単に事務の係長に説明をして


広げたままの机を片付けて、半休の届けを書いた。





そろそろ時間だな…


カテーテル入れるって、いのかな〜






どうやってやるんだろう。


午後になり、けだるさも出てきていた。


病院の駐車場へ車を止めて、放射線科を目指した。


いつもの明るいみかは姿形もなく、会社の人にも笑顔のつもりで挨拶したが


ひきつってただろうなぁ…


ドキドキよりも、ひたすらどんよりして、受付を済ませた。







技あり


のんきレベル


★★★★★





この場合のカテーテルとは…


点滴を思い出して下さい。


あの細い管があるでしょう


あのようなものを





腎臓から膀胱までの約40センチほど入れるのです。





みかの結石は、膀胱に近い尿管のところにあり


尿管を塞いでしまって、腎臓から尿が膀胱へ通らなくなっていました。


その代わりをカテーテルでするのです。


ただ、腎臓は左右に2つあるので、排尿も特に困ったわけではないのです。


腎臓は体にいらない排泄物を外へ出す役目をしています。


尿を作る場所。


それが片方つまってしまい、ゴミのようなものが体に残れば、良いわけがないですよね。


そして、薬を飲んでいたにも関わらず、熱が出ていたのだから、炎症が起きていたのです。


それがひどくなると『腎盂炎』となります。


そして、腎臓が壊れてしまえば…


人工透析生活が待っているのです。


先生が慌てるはずでした。


ただ、この時のみかには知識がなくて…








何となく、自分はあまり良い状態じゃないのかも〜








……程度に思っていました。





知らぬが仏。





のんきで頑固なみかだからできてしまった技なのかもしれません。







金属の棒


SOSレベル


★★★★★





放射線科のカテーテルを入れる処置室へ入り、まず着替えをした。


カテーテルを入れるのは尿道から。


産婦人科のように足を乗せる台があるベットに寝て、まずは消毒。


出産経験があるものの、これはとても嫌〜な感じです。


紙か布かわかんないようなもので下半身を覆い


尿道部分だけが見えるように切り取りました。





まるでオペです。





何だか、とんでもない事が始まりそう…





おちつけ〜





おちつけ〜





くありませんように






必死で祈りました。


きっと、すぐ終わるんだ


そう信じずにはいられませんでした。


「麻酔の役目をするゼリーを塗るからね〜」


尿道の回りに、冷たいゼリーが塗られます。


気持ち悪い…


ほんっとに、いやぁ〜な感覚です。


「細いカテーテルを入れるのに、直接入れられないから、太めのコレを入れるよ。ちょっといけど我慢してね。」





コレって……


みかの指の太さはあろう金属の棒。





そんなん入れたらいに決まってるじゃん





まな板の鯉。


もう逃げられません…


でも、叫びたかった。


助けてくれ〜







挿入


レベル


★★★★★





助けてぇぇぇ〜


そうなんです。


みかを助けるために、カテーテルを入れてくれるんですが、そんな事を思えないほど怖かった。


「ちょっと冷たい感じするよ〜」


ひやっとした瞬間…





ぎゃおぉぉぉぉ〜





冷たい感じなんて、どうでもいいから〜


もうやめて〜


始まった途端に、と何とも言えない気持ち悪さに襲われた


先生は画面を見ながら、何やらゴソゴソやっていたので


それには内視鏡がついていたのかもしれない。





「あれ?」


???


「これ壊れてるよ〜」


は?


「一回抜くね〜」


抜かれたところで違和感が残っていて、トイレに行きたいような…


言葉で表せない、今までに味わった事のない、最強ないやぁ〜な感覚が残っていた。


「これ割れちゃってるよ〜」


何ってぇ〜?





壊れてるよなもん置いとくなよぉぉぉぉぉ





仕切直しとなり…


「また冷たいよ〜」





ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁ〜


もうわかったから


お願いだから、やめてくれぇぇぇ〜






金属の棒を動かして、中を見ているのだろう…


動く度に、みかの顔は醜くゆがむのであった。







コエダメ


レベル


★★★★★





「だいじょうぶ?」


い…


大丈夫なわけないさ〜


でも、我慢しなかったら帰してもらえない。


ひたすら我慢…


気が遠くなるとは、こういう感じなのね〜


いったいいつまで耐えればいいの〜


時間にして、1時間弱。


「終わりましたよ〜」


うなずくのが精一杯のみか。


「着替えて、泌尿器科の外来の前で待ってて下さい。


きむりん先生から、お話がありますからね。」


仕事途中で抜けてきたので、パリッとスーツに着替えたが気分はどんよりのまま。


しかも、下半身が何とも言えない違和感で、埋め尽くされていた。


何で、こんな事になっちゃったんだろうか…


かなりネガティブモードに入り、マイナス思考のコエダメへ浸かりそうだった。


ここは総合病院。


外来は午前中だけなので、暗く静かな待合いは、みかのその時の気分に


あまりにもマッチんぐしすぎていた。


待合いの椅子に座り、はぁっ〜とため息をつく。


頭の中をかけめぐる様々な事…


誰かに、すがりついて泣いたら救われるのかな。


フッと笑えた目には





涙がいっぱいで、泣いてる場合じゃないのに…





と、きむりんを待っていた。







危機感


レベル


★★★★★





きむりんがみかをみつけて駆け寄ってきた。


「やっぱり入院しようよ


えっ?


待合いの長椅子にきむりんも座り話していた。


「そんなに大きな石じゃないのに、ガンガンに塞いでるんだ。」


みかは、ただ黙ったまま聞いていた。


言葉を発したら、泣けてきそうだったからだ。


しばらく、長椅子で座り話を聞いていた。


その後、診察室に入り、今撮ってきたばかりのレントゲンを見た。


石はちゃんと、写ってる。


きむりんが石の写ってる場所のレントゲンを、持っていたペンで叩いた。


「こいつが〜


きむりんは、熱血先生である。


みかは改めてイイ先生が担当で良かったと思った。


何故、カテーテルしたのに、入院しなくちゃなんないの?


素朴な疑問が生まれる。


実は、あ〜んなにくて、気持ち悪さにも耐えたのに、カテーテルは入らなかったんだ。


石がガチガチに尿管を塞いでしまっていたからだと説明を受けた。


きむりんが石に激怒するのも無理はない。


ふりだしに戻されたわけだから…


入院かぁ…


もうあと5日なのにな〜


みかの腎臓





もうちょっとだけ頑張ってよ〜







みかのお願い


レベル


★★★★★





先生


仕事も中途半端だし〜


また急に入院なんかしたら、子供も心配するし〜


何とか月曜日まで、入院しなくていいようにして


「う……ん」





お願い





「毎日、点滴しに来れる?」





来ないと入院なら、絶対来るよ





「毎日抗生剤の点滴に来てもらう事。


それでも熱が出るようなら、諦めて入院だからね


うん


きむりんは、まったくぅ〜ってような呆れた顔で苦笑いしてた。


「早速、今から抗生剤テストして、1本入れてから帰ってね。」


はいよぉ〜


「くどいようだけど、熱出たらわかってるね?」


はぁい…


明るくやりとりしながらも内心は、どうしようもない不安が山盛りだった。


精神的にも、肉体的にも、この日はかなり疲れてた。


処置室に入り、固いベットへ横になった。


また、抗生剤のテスト。


看護婦さんに…


入院中にやったけど、またやらなきゃダメなの?


聞いてみた。


「アレとは違う薬を使うからね。


前のは一日2回する薬で、今回は一日1回で済む薬なの。


先生が一日2回通うの大変だろうからって」


やさしいきむりんである。







腫れる腕


レベル


★★☆☆☆





抗生剤のテストをまたやる事になった。


い事が続いてるので、大した事ないやって言えるほどだ〜


注射をして15分待つ。


静かな処置室には、みかひとり。


もしも、死んでしまったら…


トーイの子種をくれた人に連絡しといた方がいいのかな。


トーイの親権を取るのに、家裁で戦った日の事を思い出した。





誰にも頼らず育ててみせる





と断言した。


病気になる未来など想像しなかったし…





はぁ…





考えなくてもいい事ばかり考えて、またまた気分がどんより。


「どうかな〜」


看護婦さんが反応を見に来た。


「あら〜だめみたいね…」


今回は、ホントに駄目らしい。


すっごい勢いで、真っ赤に腕が腫れてらっしゃった。


……って事は、もう一発やるんだよなぁ〜


看護婦さんが次なる薬を持ってきて、またまたチクッ〜


じわじわっ〜


何度やっても快感には変わらない。


そして待つ15分の時間。


ひとりぼっちで、ぼんやり良からぬ事しか頭に浮かばず…


「どうかしらっ〜」


右の腕は、アルコール消毒でゴシゴシした跡がそのまま腫れていて


反応が見られる状態じゃなかった。





………またかよ







復活の誓い


号泣レベル


★★★★★





見知らぬ先生もやってきて、反対の腕に同じ薬でやってみる事になった。


看護婦さんも、ゴシゴシには気をつけて、消毒をしていた。


待つ事15分…


あちこち刺激を与えているせいか、注射跡も敏感に反応しちゃって


看護婦さんじゃ手に負えなくて、きむりんが来るのを待った。


3回のテストで6個の注射跡。


それを見て、かわいそうだと悲しい顔をするきむりん。








「もういい。これで、ゆっくり入れてくから








やっと薬が決まり、点滴開始。


小さな点滴は白濁色だった。





何時なんだろう…





日が暮れてきている。





早く家帰りたいなぁ。





明日の点滴の予約用紙をもらい、外へ出た時には会社が終わる時間と変わらなかった。


テクテクと車まで歩く。


車に乗り込み、頑張らなくっちゃと気合いを入れたが涙〜


点滴をしている間も色々考えてた。


頭によぎった全ての弱音は、まだくたばれないって気持ちで不安ながらもかき消した


やる事をやってから、心おきなく治療に専念して復活するんだもんっ


涙でくちゃくちゃの顔。


息子に悟られないように車の中で泣ききってから帰ったみかだった。







激痛排尿


レベル


★★★★★





家へ帰ると、部活で疲れたのか息子は爆睡中〜


鏡を見ると…


泣いたのバレバレな顔〜


お風呂に入ってごまかす作戦にした


……の前にトイレっ〜





……





……





……





したくない


できない


だって〜





いんだも〜んっ





ぐおぉぉぉぉぉ〜





ぐえぇぇぇぇぇぇ〜









入らなかったカテーテルの処置の時、いじくり回されたせいで排尿がぁぁぁぁぁ〜





…爆





でも、出さなくては〜


少し出しては





ぐぉぉぉぉぉ〜





少し出しては





ぁぁぁぁぁ〜





一滴ずつ出すような感じで、全部出せたかもわかりらん状態〜


トイレから出た時のみかは…


ひたすらぐったり…


このみがなくなるまでに3日。


違和感消滅までは1週間以上かかった。


これもカテーテルが上手く入ったなら許しちゃうけど、入ってないのにいのだけはいただいて





でら腹立つ





みかの結石め〜


今に見てろぉ〜


粉々にしてやるんだからっ


大きな顔してられんのも、今の内さっ


(結石って、どんな顔してんの???)


…と意気がってるみかをデカい顔してるらしき結石は





さらに苦しめてくださるのであった。







段取り


だるだるレベル


★★★★★





外来診察の翌日は木曜日。


会社へ行き、すぐに点滴へ〜


看護婦さんが仕掛けてくれたままでは、時間がかかり過ぎる。





看護婦さんの目を盗み、点滴が落ちる速度をアッ〜プ





ちゃっちゃと済ませて、会社へ戻り、商談へ出かけた。


コンちゃんも同行。








だが…


アポを取ってたのに





お相手はお出かけだとぉぉぉぉぉ〜





なめんなよっ


無駄足に終わったのだが、近々に値決めはしなきゃなんない


時間がないのに〜


仕方なく、コンちゃんにゆだねて、見積書通り、1円も譲れないからって、すごみをきかせてみた。


仕事をその日中に片付けなくっちゃと残業もした〜


取りあえず、入院期間が読めなかったので、1ケ月休んでも支障ない程度に、書面を作り


やるべき最低限の事を頼んだ。


家に帰ると、ベットに直行〜


しんどー


熱…


やっぱり計った方がいいかなって、体温計を食わえる。


ギリギリ37度代〜


良い状態とは言えないけど、あと3日間〜


この程度でいけますように


だるい…


特に午後は、はぁはぁ言いながら過ごしてた。


頑張らなくっちゃ





気力だけで体を支えていたみかだった…







食料


だるだるレベル


★★★★★





金曜日〜


この日は月に1度の営業会議。


会議資料=先月の実績は、作って提出してあった。


朝には少し熱が下がるのがパターンだったが、昨夜と同じくらい熱がある。





やばっ…





会議は欠席する事にして、きむりんとの約束の点滴へ〜


またまた、ちゃっちゃと済ませた帰り道にヨーカドーへ寄った。


トーイの食料を買い出ししとかなきゃなんない。


入院が長引けば、春休みになってしまう。


そしたら、お昼ごはんもいるのだ…


チンしてできる系のレトルト食品や冷凍食品。


腹の足しにできそうなお菓子などなどをカートに山盛り買い込んだ。


午後になれば、また肩で息をするよなだるだるが襲ってくるわけだ。


午前中に動かないと…





必死だった。





帰りついて、冷蔵庫がまんたんこになるほど買った食料を片付けて、夢の中へ〜


病気の時は眠くもないのに、よく眠れるもんだ。


お昼寝から起きた頃には、外は暗くなっていた。


………練習しなきゃぁぁぁぁぁ〜





そうなんだ


ライブは2日後


1時間半の割り当て。






さぁ、何やろう…


ライブがしたくて点滴打ってるわりには、のんきなみかだったりする。







カウントダウン


だるだるレベル


★★★★★





土曜日〜


朝からだるい。





はぁ〜





やばいなぁ〜と思いつつ点滴へ〜


土・日は外来がお休みなので、救急外来で点滴をする。


見た目には、どこも悪そうにないみか。


回りは、救急で来るぐらいだから、ぐったりした人ばかりが順番待ちをしていた。


季節的にも風邪の患者さんが多い様子だった。


毎度の事ながら、ちゃっちゃと点滴を落とし、また明日〜と帰ってきた。


土曜で仕事が休みの友達Pちゃんへ電話。


みか御殿へ引っ越してくる前のお隣さんで、仲良くしてもらってた。


事情を話すと、たまたまPちゃんのママが来てるから


トーイの晩ご飯はPちゃんちで食べさせてもらえる事になった。


地獄に仏とは、こういう事なんだろうなぁ…


涙が出るほど感謝して、感激した。


安堵感からか気持ちが軽くなり、もうあと明日のライブさえ済めば、これで治療に専念できる


だるだるな中、ほとんどをベットの中で過ごし、ちょっと起きては、シンセサイザーへ向かい練習。


その夜〜


カウントダウン状態なのに…


発熱〜


38度を超えてしまった。





なんでなのよ





体温計は見なかった事にして眠った。







高熱


ぐったりレベル


★★★★★





ライブ当日の日曜日〜


日課になりつつある検温。


口腔タイプの体温計を使用しているので、デジタル部分が見える。


どんどん上がっていく数字。


38.5度を超えたところでピピッの音を聞かずに計るのをやめた。





ははっ





笑えてきた。


最後の一日…


何があっても歌うんだ


朝早くにマネージャー美希登場。


「おっは〜どうよ?」





うん♪


生きてるよっ






「そりゃ、見りゃわかるっちゅーねんっみかちゃん


えへっ


「アンタ熱出てんじゃないの?」


なぁに〜


美希ちゃん好きよっ♪


「みかぁぁぁ〜ライブは元気になれば、いつでもできるんだよやめとこ〜よ





やだ





(ただのダダっ子である…)


「まぁなぁ〜そこで、やめるって言ったらみかじゃないしなぁ〜」


美希には、心配かけ通しで、みか的にはすっごく心苦しい。


でも、どうしてもやりたかったライブ。


地元のみんなが『行くからねっ〜』て楽しみにしてくれてた。


病気で出れなくなっても、仕方ないねって言うだろう。


それじゃ、みかは納得できない。





約束は守る為にあるのだから…







出陣


アーティストレベル


★★★★★





この日の衣装は軽装で、黒のパーカートレーナーに赤いチェックのミニスカ。


はてさて、これに黒のハイソックスを合わせるか〜


ルーズソックスにするか〜


両方はいて、美希に見てもらう事にした。





……高熱が出てても、どこまでものんきレベルはMAXのみかだった。


コーディネートはルーズソックスに決定





さぁ出陣





大荷物を抱えて、美希のアウディに乗り込み、目指すは病院〜


まずは、一日一回の点滴をしなくてはならない。


この日も救急外来で点滴をした。


明日は入院。


数日だったが、面倒臭がりのみかも命は惜しいから、ちゃんと通った。


点滴をいつも以上のスピードで落としきり、向かうはライブ会場。


セッティングは、ちかちゃんのバンドがやってくれている。


みかの病状は余計な心配をかけないために、他のメンバーには伏せてもらっていた。





遅くなって、すみませ〜ん





いつでもリハできる状態にセッティングができていた。


ステージにマイ・シンセをセットして誰もいない客席を見渡す。





夢だったライブ


現実なんだ〜






くたびれみかはアーティストに変わっていた。







Fan×3


アーティストレベル


★★★★★





リハを済ませて、軽いランチタイム。


コンビニで調達してきたおにぎりとお茶。


久々のご飯粒〜


退院しても、みかはお粥を食べてたのだ。


ハラハラドキドキの美希は、みかの熱をおでこに手を当てて調べる。


美希のため息…


ごめんよ〜美希





来る途中も何度も、やめようの説得があったが、ここにいる。





開場時間になり、みかは受付へ立ち、CDの販売をした。


続々とお客さんが来る。


みかの病状を知ってる友達の一声目は…





『大丈夫なの?』





だった。


にっこり笑って〜








平気♪








平気なわけないんだが、何かが取りついたように見た目は元気だった。


ライブをきっかけにして、数年振りに会えた友達。


ファン倶楽部の会長の中華屋えーじの心配そうな顔は今でも忘れられない。


満員御礼


立ち見も出るほどの客入り。





ここで歌えるんだ〜


歌う前から熱いものがこみあげていた。





2002年3月10日 PM1:30


Mica&Toothpicksジョイントライブ


Fan×3


いよいよ開演〜





まずは、Toothpicksから…


ビートルズ等のオールディズに浜省のメドレー。





ん…





ん…





ん…











みかの体に異変がぁぁぁ







異変


PPレベル


★★★★☆





美希がミキサーで音の調整をしている横に座っていたみか。


『ちょっとトイレ』


と言って席を立った。


水分をたっぷり補給していたので、最初は普通にトイレに行きたかった。


トイレに行くと…


あれ?


お腹が…


何か…





P〜





P〜





P〜





わおっっっ〜


は大した事ないものの〜


えっらいこっちゃ…


みかの番がくるまでに、普通になんなきゃ〜


焦った…


よし


トイレから、そ知らぬ顔して戻った。





下痢だなんて、美希に言ったら"病院へ連行の刑"に処されただろう。





ここまで来て、帰るもんかぁ





しっかぁし


また…





『トイレ』





美希が心配気な顔をしていた。


焦りつつも平静を装う。


ライブ会場でモラしたら、みかの未来はない。


会場のドアを開ける。


防音のこのドアが重いこと


しかも二重…


ダッ〜シュ


やっぱり…





P〜


P〜


P〜



あぁ、どうしよ〜


取り合えず戻ったが美希の横まで行かず、入り口の受付の席に座ってみた。


お客さんが持ってきてくれた花やプレゼントの影に隠れながら、目立たずにトイレへ行ける作戦だ


また…


わおぉぉぉ〜







本番


歌姫レベル


★★★★★





5回ほどトイレに通った。


お腹はモヤモヤしたままだ…


Toothpicksのライブは半分も聴けなかった。


MCをちかちゃんがしゃべってる。


Micaの紹介をしてくれてる〜





いよいよ本番だっ





立ち見のお客さんまでいる。


いったい何人入ったのかな〜


そんな事を考えながら『生茶』のペットボトルを片手にステージへと向かった。


まず最初はToothpicksとのセッションでビートルズの『LADY MADONNA』


みかはピアノパートで参加だ。


普段ソロでやってると多少のミスもすぐにバレバレ〜


だけど、みんなでやってるとごまかせるのがイイ。





しかも、みんなで何か1つの事をするってのはすっごく楽しい





気持ち良く、シンセを弾いてる時には、自分が明日から入院するだなんて頭の中にはなかった。


曲が終わり、ちかちゃん達はステージを離れ、ここからはMicaワールド


ユーミンの『春よこい』からソロが始まった。





1曲、2曲、3曲と歌ううちに、しんどくなってきた。





複式呼吸でエネルギーと神経を使い歌うわけだから、高熱中のみかには堪えるのは無理もなかった。





頭がぼんやりしてきたぞ〜





やばい…







達成


幸せレベル


★★★★★





この日に歌う歌を順番にやっていたが





何となく体がSOSを発信してるらしい。





考えてきた事を覆して、これは飛ばしてしまえっ


と次へ次へと進んでいった。


MCも何をしゃべってたんだか…


親友のおみくんが撮ってくれたVTRを後日観て、こんな事しゃべってたんだぁ…って感じ。


キー設定を間違え、やり直ししちゃった歌もあった。


1時間半の予定を半分くらいに切り上げ、ライブ最後の2曲は再びセッションだ。


みかがヴォーカルをとり、みかのオリジナルとプリプリの『M』で終了〜


最後にご挨拶をして、予定時間より早くにライブは幕が引かれた。


ちかちゃんの配慮で、みかは自分の片付けだけをして、さっさと会場を後にした。





はぁ〜





終わった〜






達成感でみかは満たされていた。


準備してきた曲全てができたわけじゃなかった。


練習不足も否めない。


それでも、半ば諦めかけたライブができた事で幸せだった。


たくさんの人に力を借りて、迷惑もかけちゃったけど、幸せな気分を久しぶりに味わっていた。


家まで美希に送ってもらい、ベットへ倒れ込み、数時間夢の中〜


目が覚めた時には外は真っ暗だった。







再入院


行くぜbabyレベル


★★★★★





一夜明けて、いよいよきむりんと約束した入院の日がやってきた。


朝、学校へ行くトーイに





『少しの間頑張れ





と送り出した。


本当に頑張らないといけないのはみか。


トーイにかけた言葉は、自分に言い聞かせてたのかもしんない。


トーイが雛から育てたセキセイインコの銀平にも


『行ってくるからトーイ頼むよ』


なんて声をかけてみた。


トーイが野外学習で使ったコンバース☆のドデカいバックに入院グッズを詰め込んで


みかの実パパに病院まで送ってもらった。


パパは、1年前に脳血栓で倒れてる。


日常生活は何とかできるが、爆弾をかかえてる状態。


今、パパに倒れられたら、それこそ大変〜


娘がかわいくて仕方ないパパは心配で心配で…


病院へも来なくていいよ〜と元気なふりをして見せても、そりゃ心配なわけだ。


パパの調子が良かったこの日は、少しだけ甘えさせてもらった。


泌尿器科外来へ行き、そこから病棟へ〜


今回は泌尿器科の病棟へ入院する。





新館〜♪





病棟は明るく美しいではないかっ


いい感じ〜


いざ病室へ〜





いくぜっbaby〜


気合い十分まんたんこ〜のみかだ








絶景


のんきレベル


★★★★★





今回は4人部屋。


新館は





綺麗


明るい


広い






隣のベットとの距離もあるから、居心地の良いスペースだ


きむりんが、みかを見つけてかけ寄ってきてくれた。


「パパに説明が必要なら、今からは無理だけど午後は時間取れるよ」


と催促もしないのに言ってくれた。


パパを疲れさせちゃいけないんで、丁重にお断りをした。


荷物を運んでもらって、パパには帰ってもらい、みかはパジャマに着替えた。


窓際で名古屋の街が見下ろせる。


なかなかイイ部屋だった。


みかの向かい側のベットは、まだ1歳にもならない子が居た。


横のベットはカーテンがしまったまま。


おばあさんらしかった。


もう1つのベットは空き。





パジャマに着替えたと同時に、待ってましたと言わんばかりに





点滴がスタート。





でも、下手くそだ…





手首に入れられ、いし、止まるし





3回刺し直したが、もうコレでいくって事になった。


止まる度にナースコールをして、また同じ看護婦さんが来ると


申し訳ないけどがっかりしてしまうのはみかだけじゃないと思う。


24時間の点滴は上手な看護婦さん





よこしてくれぇぇぇぇぇ〜







ご飯粒


すまいりぃレベル


★★★☆☆





入院中に楽しみと言ったら、見舞い客に患者仲間との団らんと





食べる事だろう。





お粥生活にも、すっかり馴染んでいた。


唯一食べたご飯粒はライブの時のおにぎり


でも、それが原因なのか下痢ったわけだし…


入院してすぐ、お昼ご飯の時間になった。





「みかさん、お食事ですよ〜」





えっ…





みかは驚いた。


おかずが普通にある〜


間違ってんじゃないかしら?


ご飯の蓋を開けたら、またまたびっくり〜





ご飯粒だよ〜





看護婦さんが通りかかったので、内科病棟から退院する時の事を話した。


ご飯はお粥。


油っこい物は食べないようにって看護婦さんに言われたんです。


「腎臓だからね〜全く普通食じゃないけど、お粥はオーバーだわ」





マジ?





みかの苦労は何だったんだぁ?


まっいいや〜


ご飯食べられるし〜


おかずもあるし〜


普通食じゃないって言われたけど、みかには普通以上食だと思えた。


魚沼産コシヒカリをいただくような気分で、まずいと言われがちな病院食を食べた。


これで、ずっと我慢してきたおやつが食べられたら…


えへっ





みかの目がキラリと光った……☆







トイレその2


香るレベル


★★★★★





前回、入院時のトイレ説明は第60爆章で語った〜


今回は泌尿器科


このフロアの半分を腎臓科と分けているので、そのトイレは特殊になってる。


トイレの横に、尿を溜めるところがあり〜


ズラリと並んでる事…


蓋を開けて、そこへ流し込む。


それが1人分や2人分じゃないわけで〜


様々な色の尿が見事に並んでた。


自分でトイレへ行ける人、全てに近い数だと思う。


さっすが泌尿器科なんだな〜と実感。


みかの場所を看護婦さんが決めてくれた。


あまり大きくないみかは一番下のはしっこに決まり


名前のシールを貼ってもらった。


点滴をしたままの生活なので


トイレへ行く回数も多く


1つじゃ足りなくなり、2つの場所をいただく事にもなった。


トイレは芳しき香りがたちこめていて、ついつい息を止めたくなってしまう…





いや止めなくては匂いフェチみかは気絶しちゃいそうだった





くっさ〜





言葉には出せないが、トイレに行く度に思った。


その香りの元を自分の排泄物も作り出してるんだけど…





みかのは桃の香りがするのよっ





なぁんて気分。


(桃の香りがしたら変な病気だろっ?)







余裕


すまいりぃレベル


★★★★★





再入院。


今回は石が出て、腎臓が元気になるまでは出してもらえない。





24時間の点滴生活。





いつまで続くのかもわからないのに、なぜか気持ちに余裕があった。


多分、諦めがついたんだろう。


MDウォークマンも持参し、音楽なしぢゃぁ生きてけないみかは


音楽聴いてられるのも幸せだった〜


自由がないのは我慢して〜


みのないことが何よりの幸せだったかもしんない。





歩き回れる





点滴をコロコロひいて、またまた冒険していた。


退院後の外来で、新たに喫茶店があるのを知り


大好物のケーキも数種あることをサーチしてたので





絶対退院までに食べてやるぅぅぅ〜








新たな目標なんかも設定していたし〜


みかはスモーカー。


前回の入院時は、ほとんどたばこを吸わなかった。


吸えなかったというのが正しいかも…


今回は〜





ふふっ





カートンでバックの中に忍ばせていた。


食事の後の一服に、1階まで下りていき


プハァ〜と煙にまみれる至福の時も味わって〜


病気である事など頭になかったのかもしんない。





病室にいないという有名人になるには





大して時間がかからなかったのである。







破砕リベンジ


熱血レベル


★★★★★





再入院初日の夕方。


きむりんがみかを探していた。


病院内を徘徊して、楽しんでるみかは病室にいない…


病室に戻る度に、先生が探してたよ〜


看護婦さんが探してたよ〜と


向かい側の赤ちゃんのママが教えてくれた。





明日は破砕リベンジなのだ





それで、何か用があるのかな?





いつものごとくのんきチックなみかは、仕方ないからしばらく病室で待機してみた。


きむりん登場〜


「やっと居た〜」


ずいぶんな挨拶である。


「明日、破砕するから説明させてね〜」


はいはい





「今回は下半身麻酔して、前回より強い衝撃を与えてみるよ。」





ほぅ〜


じゃぁさ、やってる間はくないんだ〜


「そうだね。」


麻酔してやるって聞いて、あのさはないって思うと


更にのんきレベルが上昇していくみかだ。


「今度で決めるからね〜」





先生頼むよ〜





「絶対砕いてやる〜」


きむりんは相変わらずおかしい…


麻酔についての説明と破砕の説明を聞き、また同意書へサイン捺印した。


破砕リベンジ〜


きむりんとみかの熱き思いは天へ届くのであろうか………







すすり泣き


もらい泣きレベル


★★★☆☆





明日は破砕かぁ〜


2度目の余裕と徘徊で、心地良い睡魔に襲われていた。


夜型人間みかも10時頃には、ウトウトとし始めた。





そんな時…


向かい側の赤ちゃんが火がついたように泣き出した〜





どうしたんだろ?





看護婦さんも来て、話声が聞こえる。


なかなか泣き止む様子もない。


これじゃ、眠れないな…


はぁ〜


と思いつつ、目を閉じていた。


それは深夜まで続き、おさまったのは2時頃だった。


聞こえてきた話によると、こんな事は初めてらしい。


まだ、しゃべれないから、いのか何だかもわからない。


だっこしても、あやしても、泣き止まない時のママの心情は


辛いものだったと思う。


赤ちゃんが泣き止んでから


次に聞こえてきたのがママのすすり泣く声だった…


胸がくなった。


子供好きのみかは、次の日から病室にいる時は、赤ちゃんと遊ぶ事にした。


仲良くなってから聞いたら、尿道が短くて手術したという事だった。


こんな小さい子が点滴つけて、ママもずっと泊まり込みで、泣けてくるのも無理はない。


病院には、人生ドラマがすさまじくあるものだなって思うみかだった。







海老


レベル


★★★☆☆





破砕当日。


昼頃、呼ばれてナースセンターへ行った。


下半身麻酔の準備をするためだった。


この頃から、桃尻つっぱりがひどくなっていた。


寝てる事が多く、筋肉が落ちてきていたからだろう。


ナースセンターの横の部屋に入り、ベットに横になった。


下半身麻酔は初体験。


ドキドキしながら、きむりんの登場を待っていた。





やぁ下半身麻酔って初めて?」





いつもの挨拶で、きむりんが登場。


はい


「まずは消毒〜冷たいよ〜」


背中を消毒された。


「麻酔薬入れる管をつけるのに、まずはみ止めするからね〜。





ちょっといけど頑張ってね





はい…


(いのかよ〜)





うおっ





一瞬、かなりかった〜


み止めが効くまで10分ほど待っていた。


「よしそろそろやるかなっ」


何をやるんだぁ〜?


「みかさん海老みたく丸くなってね〜」





海老?





「そうおヘソを見る感じで丸まって〜」





海老〜〜〜





この時、ヘルニア症候群みかには、この体制が辛くて〜


まだ針を刺す前から…


いっい〜


じんわりと脂汗だった…







ブスっ


レベル


★★★★☆





海老のように丸くなり、じっとしたまま…


きむりんは脊椎を指で触って、狙いを定めている。


その間も、ひたすらじっとしたまま…


みも増し〜


早くブスっとやっとくれっ


そんな思いをしながら、じっと…


ひたすらじっと待つだけ〜





「よしっここへ入れる





ほぅ〜


やっと決まったかぁ〜


ほっとしたのも束の間…





「今度は、さっきよりいよ。」





ブスっ〜





げっ





マジで?





ぐぉぉぉ〜









下半身麻酔って


こぉんなにいのかよぉ






破砕をする前から、ぐったりしてしまったみかは一旦病室に戻った。


少しして、看護婦さんがストレッチャーを持ってやってきた。


「みかさん行きますよ〜」


はぁい


ストレッチャーに乗り出発。


破砕の部屋は2度目の訪問だ。


到着すると、中年の看護婦さんが近寄ってきた。


「あれ?どこかで会った?」





あっ





カテーテル入れてもらう時にお世話になりました〜





「あぁ入らなかった子ね〜





今日は成功するから





よろしくお願いします。


入らなかったカテーテル…


あの時の看護婦さんだった〜







睡魔


ねむねむレベル


★★★★★





ガラスの向こうには、きむりんが居た。


今日はきむがやるんだぁ〜♪


良かった〜


主治医にやってもらえるのは安心できるもんだ。


前回同様、うつ伏せにになりセット完了


きむりんが来た。


「薬入れていくね〜いようなら言ってね。頑張ろうね





はい





背中に刺した管から麻酔が入ってくるのがわかった。


何とも気持ち悪いもんだった。


しばらくして、またあの音が始まった。





パチン





パチン






さすがに麻酔をしているからか、衝撃はあっても大してくはなかった。


最初は…


だが、何回かするうちに、衝撃が強くなったらしくくなってきた。





いです





訴えてみた。


すると、きむりんがやってきた。


「前より強い衝撃与えてるからね〜薬、もう少し入れるね。」


また、背中から不気味に何かが入ってきた。





パチン





パチン






みはほとんど感じなくなり、ほっとした。


ん〜


眠くなってきたな〜


何で下半身麻酔なのに眠くなる?


看護婦さんが血圧を見ていたので…


眠い…と訴えた。


「寝ていいよ〜」


やさしく手をさすってくれた。







爆睡


ぐーぐーレベル


★★★★★





パチン





パチン





パチン





………





段々、音が遠ざかってく〜





かすかに音だけが聞こえてくる〜





起きてたいような…





眠ってしまいたいような…





不思議な感覚





異次元に迷い込んでいるような気分。





心地良い〜





ぽわんぽわんな頭の中〜





看護婦さんが、たまに声をかけてくれてるのが、何となくわかるよ〜な





わかりらんよ〜な…





そんな幻覚をさまよっているうちに、声が増えてきたのがわかった。









「みかさん終わったよ〜」


「寝ちゃってる〜」


答えたくても、体がいう事を聞いてくださらんっ


起きなきゃと必死になるみかだった。


「寝てていいよ〜」


そんな甘やかしてくださって〜





でも…





起きたい





みかは、うっすらと目を開ける事に成功した。 「いい感触あったよ


きむりんが嬉しそうな顔して、ガッツポーズをしている。


あぁ〜さすがきむりんだわ…


そう思いながら、ゆっくりうなずいた。


どれくらい寝ていたのかというと1時間ちょい〜


下半身麻酔がよく効いたというのか…


ただ単に図太いというのか…


2度目の破砕は爆睡の中、無事終了したのだった。







頭痛


ガンガンレベル


★★★★★





ストレッチャーに乗り、病室に戻ってきた。





みかはまだ半幻覚の世界にいた。





下半身麻酔用の管はつけられたまま…


石が出なかったら、また破砕をする。


もしくは、尿道の出口から内視鏡を使い取り出す。


どちらにしても、下半身麻酔をする事になるので、はずしてもらえなかった。


下半身麻酔をしているので足も力が入らない。


しばらくは起きないでという事と頭を動かさないようにって言われた。


やがて、目を開くと頭がクラぁ〜





うわっ


何これっ〜






少しずつ意識もはっきりしてきたら…





頭がいぞ〜


誰か頭の中で鐘ついてんじゃないの〜


気分悪っ






頭を動かすと頭の原因になるって聞いてはいた。


徘徊女王も、この日だけは病室におりました。


動くなんてとんでもなかったしね。


なのに〜


なぜ〜





鐘は鳴る鳴る〜


キ〜ン


コ〜ン


カ〜ン♪






いやいや…


ごぉぉぉぉぉんっ♪


てな感じだった〜


頭が少しでも動こうもんなら〜





ゴン


ゴン


ゴン






と鐘が鳴り響いてた。


起きるのは、トイレだけ。





さぁ、破砕後のトイレ





桃の香りの?尿とともに結石は出てきてくれるのだろうか…







キラキラ


感激レベル


★★★★★





2時間ほどベット上安静。





トイレに行きたい…





もう足はしっかり力が入る。


破砕後、最初のトイレ〜


前回は真っ赤に血尿が出た。


今回もかな…


ちょっぴりドキドキしながら〜


で鐘が鳴り響く頭を押さえながら〜





いざっ





トイレへしゅっぱぁつ♪



(かなりオーバー)





消毒液につけてある採尿用のプラスチックの容器を取り、点滴をコロコロしながらトイレへ…





あぁぁぁぁ〜





やっぱし真っ赤〜





そして、ゆっくり尿を貯めておく容器へ移す。


石は重いので、ゆっくりと移せば底へ残るからだ。


あぁぁぁ〜


何やらキラキラした細かい粒子が残ってる〜


水を入れて、また水をゆっくり捨てて洗う。


すると砂のよに細かく砕かれた石は確かに出ている。


顔が自然にほころんだ。





ほんとに…





ほんとに…





ほんっと〜に嬉しかった





翌日も、またキラキラは出てきた。


きむりん





なかなか、やるじゃん♪





さっすがみかの主治医だわ


感謝もしたし〜


感激もした〜


後は腎臓が回復してくれるのを待つばかりになった。







日頃の行い


レベル


★★☆☆☆





石が出た





その知らせを聞いて、きむりんが病室にきた〜





「やぁ♪」





いつもより、更にさわやかで満面の笑みを浮かべてた。





先生ありがとう





「やったね♪これで腎臓も動き出すよ〜


早く帰りたいよね。もう少しの我慢だから」





はい





先生〜


それより頭がいんだけど…


「動いたでしょ


動いてないよ〜


(みか今日はおりこうさんにしてたもんっなのに日頃の行いが…)


「熱出てるかもね。看護婦よこすから。じっとしててよ〜」





はぁ〜い…





看護婦さんに熱を計ってもらうと、やはり発熱〜


アイスノンで冷やしてもらった。


うとうとと寝ていると…


いつもカーテンが引かれている隣のばあちゃんとこに見舞い客。


聞きたくなくても聞こえてくる話〜


どうも娘さん2人と息子さんのようだ。


娘さん2人に、怒られている…


退院なんてしてこなくていい


なんて言われてる…


聞いていて気分の良い話じゃなかった。





しかも声がでけぇんだよっ


早く帰ってくれぇぇぇ〜


ゴンゴン鐘が鳴ってる頭を押さえて、耳を塞ぎたい気分のみかだった。







さわやかな朝


爽快レベル


★★★★★





破砕の夜…





またに襲われるのだろうか〜





迫りくる恐怖感





確かに、くないって事はなかった。





でも、それは大した事じゃなく〜


頭の鐘の方がむしろかったくらいだった。


24時間点滴をしていると、夜中にトイレは2回が当たり前で〜


消灯から朝までに点滴を2回ほど変えにくる看護婦さんの気配で起きてしまう。


翌朝〜





は軽くなっていた





点滴をしているので入浴はさせてもらえない。


病室にある洗面所で朝シャン。


うぅぅぅん♪





さっぱりっ





向かい側のbabyに朝の挨拶をして〜


窓から名古屋の街を見下ろす。


最高の朝である〜


テレビを見ながら、朝食をいただく。


歯みがきをして〜


さぁさ出発





シガレットケースを片手に朝の一服





各方面へ結果報告の電話をしに玄関へ〜





3月…


まだ朝は寒い。


パジャマの上に、はおったパーカーのファスナーを上げてみた。


空を見上げる。





青い空が広がっていた〜





たかが結石…


それでも、生きてる喜びみたいなのが実感できた。





最高に気分のイイ朝だった。







らぶりぃ〜みか


お調子者レベル


★★★★★





排出された結石。





それと腎臓の様子を確認するべく、また造影剤を入れての検査をした。


点滴をコロがし放射線科へ向かう足取りも軽やかである。


何度もやっていると慣れたもんだ。


約30分でレントゲンを撮り終えた。





「終わりましたよ〜」





みかと同じ年くらいの男の技師さんが体にかけてくれてたバスタオルを取ってくれた。





「すっごいハートがいっぱいだね〜」





この日着ていたパジャマは、黒地にピンクの小さいハートがちりばめられている柄だった。


あまり、病院で着ないだろっ…て感じなのかもしれない。


朝から気分のイイみかは…


ついつい、お調子者になっていた〜





ラブラブって感じ〜♪





そういうとポーズまで決めてしまっていた〜


技師さんは、笑いながら…


「ラブラブって感じかぁ…





ラブラブ…





ラブラブ…」


と、つぶやいていた。


何かおかしな事言ったかしら〜


まっいっかぁ〜♪


らららモードで、外来へ行く。


きむりんが外来当番だからだ。


いつものようにきむりんはレントゲンを見ていた。





なくなったよ〜」





やったね☆







好物


うまうまレベル


★★★★★





レントゲンを見ると〜


石が姿を消していた〜


きむりんとみかで拍手〜♪


ノリのいい先生と患者だ…


ただ、まだ腎臓はうまく動いていない。


それも、次第に動くだろうという事だった。





そして





「明日、退院していいよ」


きむりんがやさしく笑って言った。


ラララ〜♪


鼻歌が出る勢いで徘徊をし、病室へ戻るとお客さんが来たよって…


ちかちゃんが来てくれた。


ライブの写真をパネルにして持ってきてくれたのだ。


そして、病院の中にある喫茶店へ行った。


目的は…


ふふっ





ケーキ





みかはイチゴショートにしてみた。





久しぶりのケーキ


あぁぁぁ〜感激♪






味の方は絶品とは言い難かったけど、嬉しい気分で、めちゃウマに感じていた。


ライブの話なんかも交えて楽しくおしゃべり〜


だが、半月ほど寝てばかりの生活で体力はなくなっている。


疲れを感じてきて、病室に戻った。


明日退院〜♪


荷物整理なんかをしてみた。


こんなに早く帰れるなんて


ニコニコすまいりんぐみかだった♪


夕食後、会社の人が来てくれた。


夜には、まゆみちゃんという友達が来てくれた…







退院?


???レベル


★★★★★





一夜明け、退院の日の朝を迎えた。


たった4日間の入院。


なんちゃって退院じゃなく〜





本当に退院できるんだぁ





本当に退院できるんだよね?


なんで点滴外してもらえないんだろう………


みかに素朴な疑問が生まれていた。


早朝、看護婦さんがまた新しい点滴を替えにきた。


あの〜


今日、退院なんだけど…





えっ?そうなの?」





えっ?って言われても〜





みかも「えっ?」だよぉぉぉ…





きむりんは確かに言った。


みかは、この耳で聞いたっ


そう思いながら、朝の徘徊へ出かけた。


病室に戻ると、向かいの赤ちゃんのママが先生と婦長さんが探してたよって…


ははっ…


まただよ〜


朝食を済ませて、少しすると、また新しい点滴を看護婦さんが持ってきた。





うそだろぉぉぉ〜???





また聞いてみた。


退院なんだけど…


「あぁ〜聞いてますよ。この点滴終わってからね。」


はぁぁぁ〜


良かった〜


何とか退院できそう。


ほっとしてると…





「ホントに退院させていいのかしらね〜」





?


看護婦さぁぁぁぁぁん


そんな不安になるよな言葉、帰り際につぶやかないで〜







解放


だるだるレベル


★★★☆☆





早く点滴終わらないかな…


いつになく病室で点滴が落ちるのをじっと待っていた。


終わったのは、もうお昼になる頃だった。


ナースコールを押して、点滴を外してもらう。


身軽になって、解放感でいっぱいだった





次回の外来の予約を取り、いよいよ退院だ〜





婦長が、最後の病院食を食べて行きなさいと言うので、そそくさと口に運び〜


点滴が外れたら


向かいの赤ちゃんを抱っこさせてもらう約束してたんで


挨拶がてら戯れ病室を後にした。


ナースセンターに寄り、会計へ行き精算。





待つ事、1時間…





徘徊はしていたものの体力は落ちているらしく、しんどかった。


名古屋は福祉の町だという。


母子家庭のみかは、保険適用分の支払いは免除で、食事にかかった分の精算をした。


生命保険も、入っているが入院5日以上じゃないと支払われないタイプのものだ。


破砕については、出るとの事だったけど、申請をする前に


もっとすごい事になってしまったので…


色々な手続きをして、みか御殿に帰ってきたのは2時頃だった。





まずは、ベットへ直行〜





にこにこしながら、自分のベットで爆睡をしたみかだった。







社会復帰


忍耐レベル


★★★☆☆





退院後、仕事に戻ったのは年度末。


約1ケ月の闘病で失ったモノと得たモノがある。


退院が早くできたのは、家庭の事情があっての配慮だった。


仕事復帰は、退院後4日目からだった。


4月から年度変わりで、販売計画などを立てる時期。


会議室にこもり、深夜まで数字の検討をしていた。


そんな中で、嫌みを言われたり…


迷惑をかけてしまったという負い目があるので、強く反論ができなかった。





好きで入院したわけじゃないんだよ…





小声でつぶやいたみかに…





「そんなもん、好きで入院されてたまるかぁ





上司の非情な言葉に何も言いたくなくなり、ひたすら仕事に打ち込んだ。





健康しか知らない人には何とでも言える。





課の違う定年まで数年の竹さんが出張の折り、駅まで送って欲しいと頼まれた。





「体調はどうだ?」





はい。


もう平気です。


「同じ立場にならないと人はわからんからな〜。


体も大変だろうが、精神的にも辛いだろう。





でも、頑張れよっ。」





普段の生活では、わからない人の中身を見られた。


文句を言わせない為にも、仕事に全力を注いでいくみかだった。







完治


爆笑レベル


★★★★★





針のムシロの上で、仕事をしながら、負けん気の強いみかは、仕事に情熱を注ぐ。


そんな中、退院後の外来へ診察へ行った。


まずは造影剤のレントゲン撮影をして、待合いのイスに座って待っていた。


「みかさ〜ん」


名前を呼ばれ立ち上がる。





桃尻をトントンとたたいて…





「やぁお久しぶりっ〜」





はい


お久しぶりっ♪






「調子はどう?」


しんどいのも熱も、ほとんどなくなったよ。


「そっか〜レントゲン見ても、ほらっまだ完璧じゃないけど腎臓が動いてるよ〜」





やったねっ





先生









ありがとう





二人でまたまた騒ぎながら拍手をした。


「完治だねっお世話になりました〜」


こちらこそ〜


きむりんに、お世話になりましたって言われて…


おかしくなったみかだった〜。


みかが散々わがままを貫いて世話かけたのにね。


結石ができた人は、またできる可能性が高い。


「今回で、わかったと思うから、変だなって思ったら、すぐ来るんだよ〜」


はい先生、ありがとっね〜





最後に握手をして、病院を出ていくみかは最高の笑顔だったと思う。







新たな試練へ





4月3日 尿管結石完治。





それから、浜松の仲間と復活ライブもした。





新たなライブ活動の場も名古屋でみつけた。





桜の季節、お花見にも行った。





何をするのも一生懸命になれたし、楽しかった。





上司に嫌みを言われて、くそっって思いで仕事も頑張りっていた。





そのおかげで、成績は抜群となり、もう文句なんか言われてたまるかっ〜





仕事では強気のみかに戻っていた。





トーイも受験生となり、将来の夢を描きながら、部活のラグビーも頑張っていた。





恋愛も楽しくラブりぃにできていた。





全てが上手く動き出した。





そう思って、毎日を過ごしていた。





少し気がかりは、桃尻のつっぱりと、腰の鈍だった。





みかは尿管結石で少し痩せた。





そして、徘徊をしていたって言っても、安静に寝てばかりの生活。





筋肉が痩せてしまっていたのだ。








尿管結石なんて比じゃない試練への道を歩き出している事など





誰にもわからなかった…






【完】





戻る