第99爆章 治療方針


なるほどレベル


★★★★★





O村先生の説明が始まった。





体にメスを入れるということは


それなりに負担がかかること。


それは素人でもなんとなくは理解ができる。





そして、先生はオペをすることが


治療の全てだとは思っていないということ。


それはできれば避けたいということを話してくれた。





ただ、ずっとこのままの生活では困ってしまうわけで


期限を決めてオペをするかを


判断したいと思う。





ヘルニアの再発率や治癒率を


考えた時に


オペをした場合としない場合と


大差がないということを


部長先生も言っていた。





期限は約2週間。


その間に良くなっていかなければ


止むを得ずオペをして治しましょう。


その決断をする日までは


リハビリをしましょうということだった。





O村先生の話の中で





「簡単に切って治すのが良い医者だと思っていないんだ。」





この一言が今も心に強く残ってる。





ほんの少しはみも改善されていたし


一歩前進


そんな気分になれたのだった。





【戻る】 【次へ】