第97爆章 手のひら返しの術


レベル


★★★★★





の20分間。


人生の中で


こんなに20分を思い出として


語れる瞬間など


そうそう巡ってもこないだろう・・・


そう思えるひとときだった。





車椅子を置いて歩いて・・・などと


言っていた技師さんが


マイクでアナウンスをする。





「終わりましたよ〜」





みかの体は脂汗から冷汗から


涙までもちょちょ切れておりますぅ〜状態。





技師さんが駆け寄ってくる。


放置プレイだったMRIの撮影前とは


手のひらを返したように


やさしくやさしくやさしい。





ドームの中から


ぐちやぐちゃの半泣きみか登場。





さっと手を貸してくれて


起きるのも手伝ってくれた。


外に置いてあった車椅子の所までは


歩いていかなくちゃなんない。


それも手を貸してくれた。





その態度の裏には


それなりのワケがあったからだった。





【戻る】 【次へ】