第90爆章 ○○先生


怪しげレベル


★★★★★





お隣のベットが空いた


うるさいばぁさんは退院


二晩ほど、みかは個室を楽しませていただいた。


メールも看護師さんの目さえ盗めば、心置きなくできた。


とっても、気楽である。


2日後に、またおばぁさんが同室となった。


今度はおとなしい感じの人。


ただ…


ちょっぴり怪しげ〜


本人に聞いたわけじゃないので、真実はわからんちんだけど…


何か宗教的な団体に入ってらっしゃるご様子。


朝は起きると〜


夜は寝る時〜


食事の前にも〜


お祈りのような事をしてらっしゃったんだ。





ある朝のこと…


何かぶつぶつ言っている声で目覚めた。


隣のベットとの間のカーテンは閉まったままなので、何が始まった???


小さな声とガチャガチャしてるのが聞こえる。


何かあったのかしら???


ちょっと気になりながら、みかは寝ぼけていた。


どうも、金庫が開かない様子。


「ナースコールしてみたら?」


と声をかけようかと思ったら、お祈りが始まってしまった。





『○○先生、金庫が開かなくて困ってます。


どうか○○先生のお力をお貸し下さい。』





声をかけるタイミングを逃してしまったみか。


なぜか動いてはいけない気になり、呆然と病室の天井を眺めていた。





【戻る】 【次へ】