第88爆章 事故


絶叫レベル


★★★★★





入院してから1週間が経とうとしていた。


点滴のおかげでみは少しおさまった。


でも、歩くことなど到底無理な程度。


ただ、じっとしていても泣けるほどのみはなく、少しずつ眠れるようにもなっていた。


7月25日はトーイの誕生日だ。


ケーキを買ってきてくれるように、今の彼様にお願いをした。


快く引き受けてくれた。


ケーキの手配ができて、誕生日には病院に来るようにとトーイへメールをした。


なかなか返事が来ない…。


それで、夕飯を食べ終ってから電話した。





BGMは友達の声。


誕生日に来るようにと話す。





「車にはねられた。」





突然、何を言うのか…


みかはパニック


一瞬、現実を把握できずに頭が真っ白。


言葉も出なかったけど、出始めたら止まらない





大丈夫なの?


怪我は?


くない?


相手は?


などなど〜


質問攻めっ





トーイは自分が飛び出したから悪いと言った。


自転車が壊れた。


相手は、自転車を直して欲しかったら、車を直せと脅したらしい。


トーイは自分が悪かったと言う。


飛び出したトーイが悪いとはいえ、それはないだろう。


しかも、みかがこんな時に…





【戻る】 【次へ】