第82爆章 暗い病室


レベル


★★★★★





病院の玄関にちかちゃんは車を停めてくれた。





「荷物は私が持って行くから、先に行ってて





誰かが居てくれる事がありがたいと本当に思った。


入院の受付をしてると、ちかちゃんが荷物を持って来てくれた。





「入院受付しましたので、整形外科の受付へ行って下さい。」





ゆっくりとみを堪えて歩く。


手にはいつものようにタオルハンカチを握り締めて、脂汗と冷や汗をふきながら。





「ゆっくりでいいから。」





ちかちゃんに重い荷物を持たせてるので、早く歩こうとしてんのがわかったらしく、


ちかちゃんは歩く早さを遅くしてくれた。


やっとの思いで整形外科の受付へ。





「病棟の看護婦が迎えに来ますから、お待ち下さい。」


(まだ、当時は看護師という呼び方はせず、看護婦と呼んでた。)





5分ほどして、病棟の看護師さんが来た。





「みかさんですね?」





はい。





「病室へ今から行きます。入院の必需品は揃ってますね?」





はい。





「歩けますか?」





いいえ。





「じゃぁ、車椅子持ってきますから。」





車椅子に乗り、病室へ向かった。


整形外科は2階。


新館で明るい病棟だ。





「みかさんの部屋はココです。」





案内されたのは日当たりの悪い暗い病室だった。





【戻る】 【次へ】