第81爆章 嵐の入院


レベル


★★★★★





窓がガタガタ音を立てている。


外は台風…


昔は台風といえば夏の終り頃、やってくるものだった。


7月16日。


まだ、梅雨も明けてなかったと思う。


朝方、やんわりと寝てみた。


大きな荷物をみつめて…








あぁ…








言葉にうまくできない気持ち。


早く治したいと思ってしてきた事、間違ってたのかな…





トーイ、一人で頑張れるよね…





長くなるのかな…





みなくならなかったら…





溢れる不安をかき消そうと思うほどに、不安な気持ちが強くなったりする。


この頃のみかは、きっと冴えない顔してただろう。


トーイが起きてきた。





おはよう





これが永遠の別れなわけでもないのに、あれこれと話すみか。


トーイの方が冷静だったりして…





「わかってるから





まだ、この頃は反抗期だったし〜


不安なのはトーイもあったのに、情けない親だ。


台風は明け方通過して、でもまだ雨も降り風も吹いてる。


そんな中、ちかちゃんは長い道のりを来てくれた。


荷物は全部、ちかちゃんが持ってくれて、車までみを堪えて歩く。


覚悟を決めて、入院を決断したくせに、車に乗り込み、ちかちゃんが話しかけてくれても、





心ここにあらずのみかだった。





【戻る】 【次へ】