Part2 新たなる激痛編(再発編)

第12話

第12話 空き無し!!
(精神度レベルAAA)
先生が、

「看護婦さん、ベットの空きある?」

と、聞いてくれた。

そして待つこと数分、返ってきた答えは・・・

「はっし〜さん、申し訳ないんだけど、今、ベットが満床で空きが無いんです」



「は??????」





「はぁぁ!!!!!!!!」






想像だにしなかった回答だった。
ここ、緊急病院ダヨネ。

紹介状書いて上げるから、別の病院へ入院してもらえる。
今から、その病院へ連絡を入れるから。
その病院は、ここの病院から派遣されている先生がいる病院だった。

憂鬱だった。
いまから、家に帰るの?
また、あのとの戦いを一晩せねばならないの?
明日、みはどうなっているの??
いろんな思いが、自分の頭の中を交錯した。

その後、入院したいとの訴えも聞き入れられず、紹介状を持って帰途についたはっし〜である。
帰途の途中も、辛かった。
足にみが、走るたびに、立ち止まってみを堪える。
こうやって、元旦が過ぎていった。

(後に分かった事だが、実はこの時、ベットは空いていた、何故この事が分かったかというと、5時間待ちの原因となった
患者と、その後、知り合いとなったからである、その患者から、「いっぱい空いてたよベット」と聞かされた。
元旦は、看護婦さんも人出が足らないので、たらい回しにあったって事だった)




前へ 次へ 戻る





(C)2011 ドンタコスとゆかいな仲間たち