Part2 新たなる激痛編(再発編)

第8話

近すぎるトイレ
寝られないレベルA
まず、寝る。
しかし寝ても、すぐに起きてしまう自分。

この時ほど、トイレの近い自分を恨めしく思ったことは無かった。

トイレが近いんです。

近すぎるんです(大泣)
本当に、近すぎるんです。自分。(酷いときは10分置きにトイレいきます)

そのトイレに行こうとすると、起き上がるまで約30分以上の時間がかかるんです。
あまりのみに、体を動かすのも、ちょっとづつしか動かすことが出来ない。
ちょっとでも、変な方向に体を動かそうものなら、悲鳴を上げる事になる。
慎重に、慎重に

本当に、慎重に、起き上がらなければならないんです。
そして、立ってからもみのある足に体重がなるべくかからないように、
少しずつ、少しずつ、歩いてトイレまで向かうんです。
たったこれだけなにに、これが本当に、大変な作業なんです。

ヘルニアを患った事がある方であれば、この苦労は理解できるかと思っています。
そんなはっし〜トイレが近いおかげで、朝になるまで、何度も何度も
この苦を味わったんです。





前へ 戻る





(C)2007 ドンタコスとゆかいな仲間たち